文章:吉田 摩弥(All About「ロンドンで暮らす」旧ガイド)

イギリスの男性は、女性を気持ちよくさせるのが上手です。それは、スマートなエスコートのツボを心得ているから。エスコート上手は恋愛上手。今日からマネできる、イギリス流のエスコート術を解説します!

【Index】
  • 正しい「エスコート」って?
  • 今日から実践できる、完璧エスコート!
  • ココが勝負! 完璧エスコートの締めくくり
  • エスコートされる側の心得

    正しい「エスコート」って?

    カップル
    女性が心地よく過ごせるようにリードするのが、エスコートの本質
    「エスコート」って言葉、何気なく使っているけれど、本来の意味、ご存知ですか? 日本ではエスコートというと、高級レストランやホテルのデートをソツなくこなしたり、凝った演出で女性を喜ばせたり……というイメージがあるようですが、本来はもっとシンプルなことなんですよ。

    辞書を調べてみると、「付き添うこと、特に、帰途やパーティーなどで男性が女性に同伴すること。」(集英社、国語辞典)とか、「護衛、護送、(女性に対する)同伴の男性」(研究社、英和辞典抜粋)とあります。そもそもの意味は、「要人や女性が外出する際の護衛」。転じて「社交的な場に同伴する異性の相手」という意味もうまれたようですね。

    使われる文脈によって意味は変わりますが、この言葉がデートの文脈で使われる場合には、「相手の女性に危険のないよう、心地よく楽しい時間をすごせるようにリードすること」というニュアンスでしょうか。なんだか回りくどい言い方ですが、要は「相手や周囲に対する気配り」と考えれば良いと思います。

    エスコートが上手な人は、気配り上手。相手の求めるツボを的確に押さえる気配りのできる人だから、恋愛だってうまくいくのです。

    >>次のページからは、今日から実践できる、イギリス流エスコート術をみていきましょう。