文章:吉田 摩弥(All About「ロンドンで暮らす」旧ガイド)

快晴
雲ひとつない青空! こんな日はアウトドアでピムズを飲むのが最高!
ロンドンにも短い夏がやってきました! 少しでもお日様を浴びたいロンドナーたちが、こぞって屋外に繰り出すこの季節、パブのガーデン席はいちばんの特等席に。公園でのピクニックや庭でのバーベキューも人気のアウトドアレジャーです。

さて、こんな時に欠かせない飲み物といえば、「ピムズ(Pimm's)」。イギリスの夏の風物詩ともいえるお酒で、イギリスに住む人なら誰もが知っているほど有名ですが、実は何が原料になっているのかを知る人は、ごくごく少数……それもそのはず、このお酒の製法を知っているのは、世界中でたったの6人! 秘伝中の秘伝カクテルなのです。

何が入っているのか分からないけれど、とっても美味しい……今回は、そんな謎めいたお酒「ピムズ」のお話です。

門外不出、秘伝のカクテル!

ピムズNo.1
ピムズの元祖、「No.1」。700mlボトルで12ポンド前後です
ピムズの一般的な飲み方は、「Pimm's No.1」という、いわば「カクテル原液」になるお酒を他の飲み物で割って作るもの。この「原液」のレシピが門外不出の秘密なのです。「ジンをベースにハーブやスパイスをブレンドしたもの」ということ以外は、まったくの謎につつまれています。

ピムズの誕生は160年ほど前のロンドン。1840年代にジェームス・ピム氏の経営するオイスター・バーで、食後酒として出されたのが最初と言われています。これが現在最もポピュラーな、通称「No.1 Cup」です。

残念ながら、もうこのオイスター・バーはなくなってしまいましたが、ここで誕生した「No.1 Cup」は当時のままのレシピが受け継がれ、現在も大抵のパブやバーで飲むことができます。また、普通のスーパーや酒屋でも買えるので、自宅で簡単にカクテルが作れてしまう、とてもお手軽なお酒として人気となっています。

次のページでは早速、自宅でも作れる簡単カクテルのバリエーションをご紹介しましょう。次のパーティーの時に、試してみてくださいね。

なお、ピムズの歴史については、最後のページで簡単に紹介しました。ピムズカクテルを飲みながら語れる、ちょっとしたトリビアにどうぞ。