早分かり! ロンドンエリアガイド

何日滞在する? ホテルはどのエリアにする? などなど、旅の前には決めなくてはいけないことが沢山! 旅のプランを立てる前に、まずロンドンの概要をさらっと頭に入れておくと、効率よくはかどります。

ここでは、ロンドンを大きく9つのエリアに分けて、それぞれの特徴を簡単に解説しましょう。

ウエストエンド(ピカデリーサーカス~コヴェントガーデン)

ピカデリーサーカス
ロンドンの中心、ピカデリーサーカス。ネオン規制の厳しいロンドンで唯一、ピカピカのネオンが輝く珍しい場所 ©visitlondonimages/ britainonview/ Pawel Libera
ピカデリーサーカスの東側、コヴェントガーデンあたりまでのエリアが 「ウエストエンド」と呼ばれるロンドンの中心部。ショッピングやエンタテインメントの中心地でもあり、レストランもたくさん。ロンドンを訪れたら、必ず一度は通過するエリアです。ウェストエンドの呼び名は、その昔、このエリアがロンドンの西の端(=West End)だったことに由来しています。

ちなみにピカデリーサーカスの「サーカス」とは、雑伎団のサーカスではありません。もともとの語源は「大きな交差点の中心にできる円形の広場」のことで、交差点がロータリー式のイギリスでは、大きな交差点の真ん中が大きな円形になっていたのです。

コヴェントガーデン
コヴェントガーデンのクラフトマーケット
さて、ピカデリーサーカスからオックスフォードサーカスを結ぶリージェントストリートと、大手デパートが立ち並ぶオックスフォードストリートには、カジュアルから高級ブランドまでがズラリと勢揃い。コヴェントガーデンは、人気のクラフトマーケットの他、カジュアルブランドを中心に個性的なショップも集まる、楽しいショッピングエリアです。

また、「ウェストエンド=劇場街」と言えるほど、エンタテインメントの中心地。レスタースクエアからコヴェントガーデンにかけては、映画館や劇場が集中していて、ロンドンで上演されるミュージカルのほとんどは、ウェストエンドに集まっていると言っても過言ではないほど。映画館が集まるレスタースクエアでは、よくハリウッド俳優も出席する映画プレミアが行われています。

シャフツベリーアヴェニューを挟んで南側のチャイナタウンや北側のソーホー地区は、レストランやバーが沢山。中華系レストランや食材店が集まるチャイナタウンでは、ご飯ものや麺類、飲茶など、「早い・安い・美味い」の三拍子揃った食事が期待できます。夜遅くまで営業している店も多く、何かと便利なエリアです。一方、ソーホーはゲイカルチャーの中心地としても有名ですが、老若男女が楽しめるファッショナブルなお店が集まっています。