老舗も最新も! 香港らしいお土産

香港のお土産に選びたいのはやはり中国圏らしいもの。とはいえ、世界中に中国プロダクツが溢れる今日、「なんとなく中国っぽいから……」という感覚だけでなく、「香港らしさ」を重視したお土産を選んでこそ、香港通というもの。「これは香港の老舗ブランドのものだよ」「これは最新の香港デザインでね」と、お土産を渡すときにちらっと話せば、もらった相手にもあなたの香港への思いがきっと伝わるでしょう。そんなお土産を、食料品、生活雑貨、香港デザインの3つのカテゴリーに分けてご紹介しましょう。

香港人の健康と元気の素をお持ち帰り

香港の食の風景
香港の食卓に上る香港メイドの品をお土産にしてみませんか?

XO醤
チリソース
写真上:香港定番土産のひとつXO醤。写真は八珍のもの/下:見た目もエキゾチックなチリソースは$19(127g、約236円相当)、$30(227g、約372円相当)
オイスターソースや豆板醤、XO醤など、中華料理に欠かせない調味料の数々は、既に定番土産のひとつ。香港にもいくつかのメーカーが調味料を販売していて、老舗食品メーカー李錦記はご存知の方も多いことでしょう。しかしここでは、他の人とのお土産とかぶらないためにも、おすすめしたいもうひとつの老舗調味料ブランドをご紹介しましょう。

そのブランドは八珍。1932年より醤油、酢、XO醤油他、全50種類の調味料や食品を展開してていて、日本ではまだ知名度は低いですが、李錦記に負けず劣らず香港人の食卓でおなじみです。スーパーなどでも販売されていますが、「八珍」の専門店が旺角にあり品数ももちろんそこがベストです。

<DATA>
八珍
所在地:136 Fa Yuen St, MK, KLN
TEL:+2394-8777
最寄り駅:旺角(モンコック)から徒歩約3分

 

乾麺
「勤記粉麺廠」の麺。これはプレーンタイプ
香港の食を持ち帰るとなると、外せないのが麺! 香港の食文化は麺無しでは語れません。お土産にしやすい乾麺はスーパーなどでも売っていますが、どうせなら職人による手作りの麺はいかがですか? 「勤記粉麺廠」の乾麺は、プレーンタイプとエビの卵が練りこまれた「全蛋蝦子麺」があります。

<DATA>
■勤記粉麺廠
所在地:15 Peel St, Central, HK
TEL:+852-2544-3643
最寄り駅:中環(セントラル)から徒歩約5分

 

スープ
香港人の健康の源となるスープは特に女性に人気のお土産。$68(約485円)~
毎日といっても良いほど食卓に上るスープは、香港人の健康の素。香港のお年寄りが長生きなのも、ビジネスマンがパワフルなのも、女性たちが細身で美肌なのも、スープを飲んでいるからなのかも知れません。そんな「香港の健康の素」をお土産にしたらきっと喜ばれるでしょう。「老字号(号偏に虎)」の健康スープシリーズは全9種類ですべてに番号がふられていて、無添加、防腐剤不使用。中でも人気は「No.4」。肌に栄養を与え、体内の水分を補うのだとか。日本語での解説もあるので選びやすいですよ。

<DATA>
■老字号(号偏に虎)
所在地:G/F, 24 Yiu Wa St, CWB, HK
TEL:+852-2643-3199
最寄り駅:銅鑼湾(コーズウェイベイ)から徒歩約5分