スターフェリーピアに
絶景レストラン誕生!


新しいスターフェリー埠頭
2006年末に移転&新装されたセントラルのスターフェリー埠頭
海に浮かぶ摩天楼、港を行き交う船──そんな香港自慢の風景を眺めながらの食事は、滞在中に一度は体験したいもの。そこで今回は、眺めのいいとっておきのレストランとして、いまもっとも注目を集めるレストランをひとつご紹介しましょう。


その店とは、11月にオープンしたばかりのレストラン、『ウォーターマーク(Watermark)』。
数あるウォーターフロントの店の中で、このレストランが注目されるのには理由があります。この『ウォーターマーク』のロケーションは、なんとセントラルの“スターフェリー埠頭”の中。香港内に、29ものレストランを要するIGOR’Sグループの最も新しいレストランで、場所が場所なら、気合の入れ方も違います。香港を代表する乗り物「スターフェリー」のステーションであり、なんの障害物もなく海が見渡せる最高のロケーションなのですから、香港きっての経営グループといえども、気を引き締めてかかるのは当然といえるでしょう。
店内
美しいビクトリア・ハーバーの眺望が楽しめる店内。夜景の写真は次ページで!


エントランス
フェリー埠頭内とは思えないたたずまいのエントランス
その本気ぶりは、エントランスに足を踏み入れた時点でわかります。黒を基調としたエントランスは、水が壁から流れる癒しのインテリアで、一瞬「ここはどこ?」と思うようなラグジュアリーな空間。奥へ進むとレセプションがあり、さらに店内に入ると、開放感のあるハーバービューのレストランが広がっています。吹き抜けの高い天井からは光が差し、270度ハーバービューの窓からは、チムサアチョイや西九龍の開発エリア(九龍駅付近)などが見渡せ、絶好のロケーションになっています。


仏シェフが腕をふるう
繊細なヨーロピアン料理


いただける料理は、繊細なヨーロピアン・コンチネンタル。エグゼクティブシェフは、フランス人のパスカル・ブレオント氏。8歳のときから料理に目覚め、フランス、NY、イギリス、日本など世界の都市を巡ってきた敏腕シェフです。

店内
吹き抜けの高い天井から光が注ぐ店内は、開放感いっぱい
「ウォーターフロントというロケーションですから、シーフードの素材にも力を入れ、オーストラリアやNZから新鮮な魚介類を仕入れています。また、シーズンにこだわり、大皿料理ではなく、繊細で見た目にも美しい料理を目指しています。少し街から離れているので、リピートされる店でありたいですし、ロケーション、値段、料理のバランスが合い、口コミで広がってくれるとうれしいです」とパスカル氏。



次ページではウォーターマーク自慢の料理の一部をご紹介!>>