使用法の説明をします

マイクロチップがカードに埋め込まれたオクトパスは財布やバッグに入れたままで黄色の読み取り機の上に載せるだけで残高が引かれます。ただそれだけ。もう、香港で電車の切符を買う必要は完全になくなるのです!

行き先が未定の外出にピッタリ!

降りたいところで突然下車したりするのも、最初から切符を目的地まで買う、なんてことはないので自由自在なのもオクトパスならでは。

大普及したのはなぜ?

さあ、香港は非常に市民の金銭感覚がシビアな都市という定説があるのですが、なぜこんなに多額でないにしろ保証金が必要なカードが一人1枚以上という割合で徹底的に普及したのでしょうか?これには様々な要因があるように考えられます。それらをここで挙げてみます。

○電車KCR・MTRを利用する場合、運賃が切符を買った場合に比べ一割程度安くなる。

○香港のバス運賃は均一料金ではない。そして、香港のバスはおつりをくれない。

○香港の銀行はキャッシュカードの機械は小銭の入出金をしない。

○そして銀行の窓口で入金するにもかかわらず小銭の場合は手数料が約1%徴収されてしまう。

オクトパスの仕組みは東京のJRの一部などで類似した定期券「suica」が登場していますが、複数の交通機関共通であり、その他の利便性も考えると香港のオクトパスは機能的に数段上を行きます。日本では法的規制が強く、プリペイドカードに現金のようなさまざまな使用用途をつけることは非常に難しいとされています。

今回は「通常版」「観光版」オクトパスをご紹介しましたが、次回は「特別版」オクトパス、そしてこのカードに新たに加わった新機能をはじめとする優れた点をどこよりも詳しく、Q&A形式でお送りします。お楽しみに!

関連リンク:

おすすめサイト:「香港:空港・交通情報」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。