第9位 ダイヤモンドヘッド

ワイキキビーチ
1900年初頭には、見晴らしの良さからアメリカ軍の監視基地に指定 現在も砲台の跡などが残っている
ワイキキの東にそびえる「ダイヤモンドヘッド」は、ハワイのシンボル的存在。約30万年前に起こった火山の噴火でできたクレーターで、1700年代後半に西欧の探検家がこの山にある方解石の結晶をダイヤモンドと見間違えたことから、「ダイヤモンドヘッド」と呼ばれるようになりました。

ダイヤモンドヘッド・トレイル
クレーターの底から頂上まで1.1キロ、片道40分のトレイルは、ワイキキから気軽に登れるハイキングコースとしてファミリーにも人気。途中、岩盤を切り開いたようなゴツゴツした道や99段の階段、コンクリートのトンネルを歩き頂上へ。そこには、圧巻のワイキキ・パノラマビューが待っています。

<関連リンク> ガイド記事:ダイヤモンドヘッド登山でワイキキ絶景体験


第8位 レイ

レイデー・セレブレーション
画像をクリックすると拡大します
「レイデー・セレブレーション」のレイ・コンテストでNo.1の最優秀市長賞を受賞した作品 これはアート!
空港やホテルに到着したときに首にかけられる「レイ」。これは、出会えた喜びをレイに込めたハワイならではの歓迎の表現です。

植物には神が宿り、それを首にかけることで悪霊を遠ざけることができると信じていた古代ハワイの人々。現代では、出会いや別れのシーン、誕生日や記念日などで大切な気持ちをレイに託して贈ります。花や葉1つ1つに気持ちを込めて繋げるレイは、アロハスピリットあふれる花の首飾りなのです。

レイデー・セレブレーション
ハワイでは、毎年5月1日は「レイ・デー (Lei Day)」。ワイキキのカピオラニ公園では、レイを称える華やかなイベント「レイ・デー・セレブレーション」を開催。レイ・クイーン&プリンセスの任命式、レイ・コンテスト、フラやスチールギターなどのライブ・エンターテイメントなどが終日行われます。

レイ・メイキング・レッスン
ワイキキのショッピングセンターやホテルでは、レイ作りの無料体験レッスンを開催。トロピカルフラワーを糸に通すだけの簡単な作業なので、親子で参加してみては?

<関連リンク>
第7位、第6位にランクインしたのは? 次ページへ >>