モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパで
オールドハワイにタイムスリップ

1901年3月創業のワイキキ最古のホテル、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ

1901年3月創業のワイキキ最古のホテル、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ

ワイキキ・カラカウア通りで圧倒的な存在感を放つ白亜のホテル、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ。一歩足を踏み入れると古き良き時代のハワイにタイムスリップしたような感覚になるのは、1世紀もの時を刻んだワイキキ最古のホテルだから。館内には、創業当時のホテルを彷彿させる品々や貴重な写真が展示され、まるで歴史資料館のよう。アメリカの歴史的建造物にも指定されているこのホテルを訪ね、ワイキキの優雅な歴史に触れてみませんか?

モアナ・サーフライダーの歴史は、ハワイリゾートの歴史

宮殿のような白い円柱が印象的なロビーは、創業当時のデザインを生かしたもの

宮殿のような白い円柱が印象的なロビーは、創業当時のデザインを生かしたもの

1901年、ワイキキビーチに初の本格ホテル「モアナ・ホテル」(現在のモアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ ヒストリック・バニヤン・ウィング)がオープンしました。当時としては画期的な電動エレベーターをはじめ、ビリヤードルーム、書斎、バーなど贅沢な設備を完備。コロニアル様式のエレガントな佇まいから「ワイキキのファーストレディ」とたたえられ、世界の富豪たちがこぞってバカンスにやってきました。

1904年に植樹されたバニヤンツリーが枝を広げる中庭

1904年に植樹されたバニヤンツリーが枝を広げる中庭

1935年には、ホテル中庭のバニヤンツリー(菩提樹)の下で、ラジオ番組「ハワイ・コールズ」の生放送がスタート。ワイキキビーチの波の音とハワイアンミュージックを37年間、世界750局を通して届け、世界中の人々が楽園ハワイへの憧れを募らせた人気番組でした。ワイキキがリゾート地として脚光を浴びるようになったのは、この番組があったからだといいます。

110年もの歴史の中で、コロニアル様式から現代風に改装されることもありましたが、シェラトンの買収、隣に建つ「オーシャンラナイ・ホテル」(現在のダイヤモンド・ウィング)と「シェラトン・サーフライダー・ホテル」(現在のタワー・ウィング)との統合後、1987年の復元改装で再び創業当時の姿へ。同時にアメリカの歴史的建造物にも指定され、数々の賞を受賞しました。現在は、ウェスティンへリブランドの際に行われた改装で、より美しく、より優雅なモアナ・ホテルに出合うことができます。

 

歴史めぐりは、メインロビーから

2階へと続く階段には、サーフライダーの歴史を物語るセピア色の写真が

2階へと続く階段には、サーフライダーの歴史を物語るセピア色の写真が

宮殿のようなエントランスをくぐると、そこは海風がそよぐメインロビー。吹き抜けの天井から下がる豪華なシャンデリアと白い円柱、ゴールドに輝くクラシカルなエレベーターが印象的です。そして、ロビーから2階へと続く中央階段は、ホテルやワイキキの歴史を紹介する写真ギャラリー。2階には、貴重な歴史資料を集めた「ヒストリカル・ルーム」 があるんです。