緑美しいワイキキのオアシス、カピオラニ・パーク

ダイヤモンドヘッドの裾野に広がるカピオラニ・パーク

ダイヤモンドヘッドの裾野に広がるカピオラニ・パーク

ワイキキの東側、ワイキキビーチとダイヤモンドヘッドの間に広がる緑豊かな公園、カピオラニ・パーク。広さは、約60万平方メートル。敷地内にはホノルル動物園があり、ワイキキ水族館が隣接。野外ステージでは、1年を通してライブ・エンターテイメントやフェスティバルが開催されるホノルル市民憩いの場所です。

ハワイ最古、王妃の名を冠した公園

フラやハワイアンミュージックのライブが開催されるバンドスタンド

フラやハワイアンミュージックのライブが開催されるバンドスタンド

カピオラニ・パークの完成は1877年。ハワイ王国7代目の王、カラカウアが寄贈した土地に造られ、愛妻カピオラニの名前が付けられたハワイ最大、最古の公園です。完成時には、競馬やポロの競技場、ボートが浮かぶ池があり、人々の娯楽の場だったそう。現在、モンサラット通り近くに建つステージは、1890年代に建てられたバンドスタンドを再現したもの。カラカウア通り沿いには、カピオラニ王妃の銅像があります。

カピオラニ王妃紹介記事はこちら>>>ハワイの歴史を物語るホノルルの銅像リスト

カピオラニ・パークの過ごし方

ワイキキビーチもカラカウア通りを挟んですぐ!

ワイキキビーチもカラカウア通りを挟んですぐ!

朝はヨガや太極拳のグループ、昼間は野球やサッカーなどのチーム、そして、休日にはのんびりピクニックを楽しむファミリーと、思い思いのスタイルでカピオラニ・パークを楽しむローカルたち。旅行者の私たちにもローカル気分が味わえる、パークの過ごし方をご紹介します。

動物園、水族館見学とプチ・ピクニック
ファミリーにおすすめなのが、ホノルル動物園、ワイキキ水族館を見学しながら、調達してきたプレートランチ等でピクニック気分を体験するプラン。パーク内には大木の木陰やピクニックテーブルがあるので利用して。また、カラカウア通りを渡ると、ワイキキビーチもすぐそこ。ビーチ遊びと組み合わせるのもいいですね。

朝のジョギング&散歩でリフレッシュ
公園西側のカラカウア通り×モンサラット通り交差点から、カラカウア通り~パキ通り~モンサラット通りを通る公園外周は、ローカルのジョギング&散歩ルート。カラカウア通りを海沿いの遊歩道を通るルートに変えると、青い海とダイヤモンドヘッドを眺める絶景ルートに。距離は約3キロ、所要時間はジョギングで約15分。徒歩で約40分が目安です。

無料でテニスが楽しめる!
ワイキキ水族館向かいのカラカウア通り沿いには、無料で利用できる市営の「カピオラニ・テニス・コート」(4面)あります。利用は先着順で、45分の交代制。プレイヤーがいる場合は、ベンチに座って待つのがルールです。また、公園に隣接したパキ通り沿いにも市営の「ダイヤモンドヘッド・テニス・センター」(10面)があります。どちらもラケットは持参で。

イベント、フェスティバルに参加してみよう
カピオラニ・パークでは、フェスティバルやライブ、クラフトフェアなど、1年を通してたくさんのイベントが開催されています。その大半が入場無料なので、ぜひ、参加してみて。ワイキキで手軽に異文化体験ができますよ。

<DATA>
■KAPIOLANI REGIONAL PARK(カピオラニ公園)
アクセス:ワイキキ東側、カラカウア通り沿い。ロイヤル・ハワイアン・センターから徒歩約10分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。