寒さ知らずのオーロラ鑑賞

猛烈な寒さをこらえてオーロラの出現を待たなくてもいいのが、南半球におけるオーロラ鑑賞の魅力。それは、なぜか?

極光の活動が活発ならば、ほぼ年間を通して見られるというオーロラ。ならば、夏場でも見られるはず。なのに、なぜかオーロラ観測は冬のイメージ。

実は、北半球のオーロラで有名な場所でも、夏にもオーロラは出現しています。でもこれらの地はほとんど、夏場は白夜(=太陽が夜になっても沈まない)になってしまうため、明るすぎて見えにくい…というのがその理由。だから、冬の夜が長くなる時期がオーロラ鑑賞のピーク、となるわけです。

ところが、オーストラリアは最南端のタスマニアであっても、緯度の関係で白夜になることはありません。つまり、夏場でも極光の活動が活発ならば見られる!というわけ。シェビルさんによれば、過去最も出現回数が高いのは11月初旬頃(南半球では初夏)とか。そう、オーストラリアでは一年中オーロラ鑑賞ができるのです!

とはいえ、夏場は暗くなるのが遅いので、やはり夜が長い冬のほうが必然的にオーロラに遭遇できる時間が増え、また周囲の暗さから裸眼でも確認しやすいかもしれない…ということはあるよう。 しかし、同じ冬であってもオーストラリアの冬は、北半球のそれらの場所に比べると寒さ加減が全然マシ。(詳細は下のリンクで確認!)

最南端のタスマニアでさえ、最低気温が氷点下になることはほとんどありませんので、オーロラ鑑賞でよく耳にする“身も凍るような猛烈な寒さ”に耐える必要はほとんどないのです。

オーロラと南半球の星達
Special Thanks to: (C) Shevill Mathers, Southern Cross Observatory- Tasmania.

澄んだオーストラリアの夜空に現れる幻想的なオーロラと南十字星、そして満天の星達――――
一生の思い出に残る素晴らしい夜空を体験しに、オーストラリアへ出掛けてみませんか?

シェビル・マーサーズさんの美しいオーロラ写真ギャラリー Astronomical Society of Victoriaサイト内
注意)シェビルさんの許可なしに、勝手に画像を利用することはできません。


【関連リンク】
現在のオーロラ・アクティビティ(英語)
南半球のオーロラ・アクティビティ(英語)
オーロラ 50のなぜ

タスマニア大学マウント・カノプス天文台/University of Tasmania Mt Canopus Optical observatory(英語)
サザンクロス天文台/Southern Cross Observatory (英語)

タスマニア
キャンベラ
メルボルン
シドニー
オーストラリアの冬って寒い?
南半球星空散歩
南十字星を見つけよう!


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。