オーストラリア各都市で見られるオーロラ

メルボルンやアデレード、キャンベラ、そしてシドニーでも観測されているオーロラ。どんなところで見られるか?というと、やはりできれば街明りなど、人工の光が少ないほうがベター。とはいえ、前のページでご紹介したホバートの写真のように、都市部であっても見られないというわけではありません。

ただ、先のシェビルさん曰く、人工の光が多いと肉眼では確認しにくくなるということ。やはり肉眼で確認するためには、できる限り暗いところのほうがいいようです。なので、できれば国立公園など、自然に囲まれた場所、もしくはその近くがおすすめ。

個人的には前のページにも書いた通り、やはりタスマニアがイチオシですが、次に候補として挙げたいのはキャンベラ。キャンベラは人口も少なく、人工的な光もあまり気になりません。それに国内屈指の国立天文台もあり、環境的にもバッチリ!

可能な限りオーロラを見たい!という人は、まずは、極光の動きを知ること。最後にご紹介する『オーロラ・アクティビティ』のサイトで、まずは現在のオーロラ・オーバルの出方を確認!

サイトには極点から見た地球とオーロラ・オーバルの現在の位置が示されています。この図で輪の中に入っている場所なら、ほぼ確実にオーロラが出現しているということ。もし、入っていなくても、その周辺であればうっすらと見ることができる場合もあるようです。が、完璧を期すならオーロラ・オーバルがかかっている地点へ。

ホバートの上空に出現したオーロラ
Special Thanks to: (C) Shevill Mathers, Southern Cross Observatory- Tasmania.

次のページは、さらなる美しいオーロラ写真と共に、なぜ、オーストラリアでは寒さを堪えながらオーロラ待つ必要がないのか?を解説します!

>>寒くない!?寒さ知らずのオーロラ鑑賞→