オーストラリアでオーロラ鑑賞!?
(C) Shevill Mathers, Southern Cross Observatory
緑やマゼンダ色の光のカーテンが夜空にゆらめき、大地をやさしくベールのように覆う神秘的なオーロラ。

オーロラが作り出す幻想的な風景は、是非一度は見てみたいもの。

でも、なぜオーストラリアでオーロラの話題?北欧諸国やアラスカ、カナダなど、北極に近い国々に行かなければ見られないんじゃないの?…そう思っていませんか?

それに、オーロラ鑑賞といえば、寒~い真冬に防寒着をたくさん着こんで、猛烈な寒さに耐えながら待つ…というイメージもつきもの。「寒さが苦手だから、オーロラはちょっと」なんて人もいるのではないでしょうか?

いえいえ、ここ南半球オーストラリアでもオーロラ鑑賞ができるのです!しかもオーストラリアのオーロラは、寒さをこらえながら待たなくても見られるのが魅力。

澄んだオーストラリアの夜空に現れる幻想的なオーロラと南十字星、そして満天の星達――――

それは本当に、感動的で素敵な夜が待っています。
今回は、オーストラリアに出現した美しいオーロラの写真もたっぷり織り交ぜながら、魅惑の夜空へご案内いたしましょう!

≪INDEX≫
  • 南半球のオーロラ「オーストラリス」
  • ホバート上空で撮影された神秘的なオーロラ&星空が素晴らしいタスマニア
  • オーストラリア各都市で見られるオーロラ
  • 寒さ知らずのオーロラ鑑賞


  • 南半球のオーロラ「オーストラリス」

    オーロラといえば北欧はもう古い?

    北の国々のイメージが強い日本では知る人は少ないようですが、南半球でもオーロラは発生しています。

    オーロラは極光とも呼ばれ、ご存知のように地球の極に発する磁気=100km以上の上空で起こる放電現象。活発な太陽活動に伴って発生する極光は、地球の北と南で対称的に発生しています。

    北で発生する極光をノーザン・ライツというのに対し、南はサザン・ライツ。別名を『オーロラ・オーストラリス/Aurora Australis』といい、その名にもなるほどですから、南極寄りのオーストラリア南部では当然オーロラを見ることができるのです!

    これまでオーロラを見るためには、北欧諸国やアラスカ、カナダなどに行かなければ見られないと思われがちだったのは、北半球のほうが極点に近いところまで陸地があり、昔から人類が暮らしていたため、旅行者でも行きやすい場所が多かった。ただそれだけの理由。

    とはいえ、たしかに極点に近い、つまり高緯度地点であるほうが発生率・遭遇率が高いというのは事実。だから、南半球にオーロラが発生していると知っている人でも「どうせ南極でしょ?」と、陸地で観測できる可能性は低いと思っているケースが多いよう。

    ですが、オーロラ・オーバルと言って極点からリング状に発生するオーロラは、そのリングがかなり大きくなることも多く、オーストラリアでは最南端のタスマニアをはじめ、メルボルン、アデレード、キャンベラ、そして年に数回程度はシドニーでも観測されることがあるのです!!

    次のページでは、ガイドが魅了されたタスマニア上空を覆う美しいオーロラ写真を大公開!ギャラリー仕立てで、オーストラリアにおけるオーロラ鑑賞について詳しくご紹介します。

    >>街灯りが煌くホバート上空をやさしくベールのように覆うオーロラ  魅力的なタスマニアの夜空→