イタリアの夏、6月・7月・8月を楽しむために

イタリアの夏は6月からスタート?!学校は6月上旬から夏休みが始まると、一気に夏の気分が高まります。ちなみに夏休みは9月中旬まで。約3ヶ月も続く夏休み、羨ましい限りですがその話はおいといて…夏のイタリアの過ごし方をご紹介します。
 
italiasummer-1

旅行前の準備は、洋服選びにまずお天気予報チェックから。気楽な格好が夏のイタリアのデフォルトです


例年では5月頃から夏気分は高まり、ここ数年は6月が最も暑く、8月中旬には秋の気配。少し季節が早まっている感がありますが、今年2019年は気温が上がらず”珍しい寒い5月”となっています。

このまま気温低めの夏となるか、急に気温が上がり灼熱の夏となるか。巷では、さまざまな声が飛び交っていますが、基本的なイタリアの夏の過ごし方を知っておきたいところ。夏のイタリアをより楽しむために、準備万全で出かけましょう!


<目次>  

イタリアの夏の気候を快適に過ごすコツ

いつもは夏の陽気の5月のはずが、ちょっぴり寒かったりして、世界的に異常気象ムード。例年でも、6月から全国的に30度を越す真夏日が続いたり、南イタリアより北イタリアの方が暑い?!なんてこともあります。

カラカラに晴れる地中海の夏をイメージしていたら、やけに蒸すことも。健康で快適な旅は、何はともあれ現地の情報チェックから始めましょう。

【参考】
まずは出かける前の準備は天気予報のチェックから。おすすめの天気予報サイトはこちら。
旅の洋服計画に重要!イタリアの今日のお天気
 

地中海の太陽は強烈!太陽ケアを怠りなく

そうはいっても真夏のイタリアの太陽は力強く、体力を消耗します。体力に自信のない方や太陽を浴びるのに慣れていない方は、特に注意が必要です。
 
italiasummer-2

真夏のイタリアでは、遺跡めぐりも時間を選んで

  • 最も気温の高くなる15時前後は、なるべく室内で過ごそう
イタリアにシエスタがある…のは、決してイタリア人が怠け者だからでは、ありません。それは、夏の身体に必要だから。熱風が吹く南中時から太陽が傾くまでは、できるだけ室内で過ごし、太陽光線や太陽に熱せられた外気に当たらないように過ごすのがオススメです。

たまに訪れる超真夏日。気温が35~40度(!)にもなると、この時間の外歩きは…危険。美術館など室内の冷房が効いたところや、ホテルで食後のひと休みにあてるなど、スケジュールを調整しましょう。
 
  • 昼と夜の気温の差が激しい!服装にも注意が必要
イタリアでは昼間と夜の気温差が大きいのも特徴です。夕食に出かけるときは暑くても、帰るときにはひんやり…。朝・晩に出かけるときは、軽くはおるものを持っていくと安心です。
 
  • 日焼け止め、サングラス、帽子は必須アイテム!
底抜けに青い空は、気分も晴れやかになり気持ちがいいものですが、太陽光線は目を直撃。あまりの眩しさに、頭痛の原因になることもあります。海や山のみならず、街歩きにも紫外線防止のサングラスは必需品。

また、日焼けしたい人は別にして、美肌自慢の方は日焼け止めをお忘れなく!遺跡観光など、特に外歩きが続くときは、つばの広い帽子もあると便利です。頭を守るのはもちろんんですが、顔まわりが日陰になるだけで、だいぶ気分が楽にになります。
 
  • 水分補給は「生きるため」に必要です!!
夏のイタリアで、最も大切なのが水分補給。気づかないうちに熱中症になってしまうこともあります。常に気をつけて水分を取る必要があります。

バールやスーパー、観光地では500mlのペットボトル入りの水が0.5~2ユーロ程度で気軽に購入できます。気づいたときに買って、常に持ち歩くようにしましょう。

水分といってもアルコール類はダメ!バカンス中の昼間のビール……ほど美味しいものはないですが、酔って太陽に当たると気分が悪くなってしまうこともあります。ランチ後の予定によって、飲む量を調整してください。
 

イタリアの夏を過ごしやすいファッション

italiasummer-3

涼しく快適な服装もどの程度までOK?

地中海の太陽が輝く夏のイタリアでは、どこでも冷房が効いている日本からは想像もできない服装がベスト!だったりもします。真夏のイタリアの現地服装事情がこちら。
 
  • Tシャツでも暑がりな人にはツライかも!?
真夏の日中は、”徹底的に涼しいリラックスした格好”がオススメです。というより、そういう格好がデフォルトです。

現地イタリア人は「ここは海ではありませんよ!」と注意したくなるほどリラックスした格好をしています。キャミソールに薄手のパンツ、足元はサンダル(ビーチサンダルの外国人もいっぱい)。妊婦だってヘソ出し、アラフィフでもミニスカート。涼しく過ごせることが最も重要です(ただし訪問地による)。

とはいえ、露出過多の格好が苦手な人や嫌いな人は、麻やコットンなど涼しげ素材で涼感お洒落を楽しんで。また、遺跡めぐりなど、長時間直射日光にさらされるような場合には、むしろ肌を覆う格好の方が影を作って涼しく、乾燥も防いで身体に優しいものです。イメージは、ラクダを連れたエジプト人。ピッタリとしたものは避け、軽い素材のゆったりしたデザインがオススメです。
 
italiasummer-4

外国人観光客は、とても気楽に楽しんでます 

  • ストッキングは暑そうで見ている方がツライです(イタリア人談)
オリーブ色に焼けた自慢の肌を魅せる生足ゴージャスが現地流ですが、白肌でもストッキングなしでも誰も気にしません。むしろ履いてる方が気にされるといった状況でもありす。それでも「ストッキングなしなんて。」という方もいらっしゃるかもしれませんので、ポリシーに合わせてお選びください。

男性もサンダル利用者多数。現地調達してイタリア製の革サンダルを入手しても良いかもしれません。美術館やレストランでは、涼しげな靴に麻素材のパンツにシャツ。なんて、カジュアルにまとめるとステキです。
 
  • 昼と夜でイメージを変えて「遊ぶ」。自分を楽しく演出しよう
ラフな格好で昼間に思いっきり観光したら、夕方に一度ホテルに戻ってシャワーでリセット。汗を流してすっきりしたら、ディナー用に雰囲気を変えます。TPOに合わせ、お洒落を変えて楽しみましょう。

女性なら軽やかなワンピース、昼間は暑くてできないアクセサリーで演出したり、男性ならTシャツをキチンとしたシャツに変えたり。トラットリアやカジュアルなレストランでも昼間の格好のままよりもちょっとだけシックにすれば、それだけでディナー気分が盛り上がるものです(そうやって人生を楽しむんですね、イタリア人は)。

それなりに涼しくなる夜は、お洒落をするチャンス!ともいえます。旅の間に一度は行きたい、ちょっと気取ったリストランテでは、完璧にドレスアップして。少々派手かな?と思っても、お派手なマダムたちに紛れれば、それでも足りないくらい!いつか着たかったあの服を着て、イタリアの真夏の夜を楽しんでください。
 

8月お盆時期は街中のお店がお休みになる?

お天気チェックや服装も旅の準備には大切ですが、夏のイタリアではもうひとつ。お休み情報チェックも欠かせません。
italiasummer-5

8月中旬は休み率が高くなります。行く前に確認を

  • 8月中いっぱいお休みになるお店も本当にありますが、最近は開いてるお店も増えています
地元客相手の渋~いトラットリアや小売店などでは、従来通り7月末から8月末まできっちりお休みになるところもあります。また、いわゆる”海でバカンスを楽しむ系の常連客が多い店”、ラウンジやクラブ系のお店は、街のお店を閉めて海沿いに別店舗をオープンするケースも多々あります。

そんな夏のイタリアらしい習慣を続行する店もある一方、ツーリスト向けのショップやレストランは真夏も無休で営業するケースも増えてきていますが、一応、向かう前にお休みチェックはしたいところです。
 
  • 8月15日を挟む週が、最も休み度が高い
街中のブランド店、レストランの中には8月中も開いているお店が多いものですが、それでも8月15日フェッラアゴースト(祝日)前後はお休みする店が多々。2019年は、8月10日~18日が閉店ピークとなるでしょう。

《巷で聞く夏休みパターン2019年版》
8月10~18日 高濃度で休み率高し。
8月3~18日   平均的なパターンその1。
8月10~25日   平均的なパターンその2。

夏の長期休暇は減少傾向にありますが、お盆前後は「もしかしたらお休みかも」を想定し、事前に電話確認するのが無難です。

 
italiasummer-6

観光地では真夏もOPENする店が多いが…

  • 開いていても営業時間が変わる店が多い
真夏中も頑張って営業しているお店でも、営業時間を通常(だいたい10~19時)から”夏仕様”に変更するケースもあります。昼休み時間を多くとったり、日・月を休みにしたり。「どうしてもあの店に行きたい」と希望がある場合は、必ず電話確認を。ガイドブックでは、こういった”あまりに人間的な時間変更”まで掲載してない場合が多いからです。
 
  • 観光スポットは祝日以外は開いているところが多い
プライベートの美術館などを除けば、たいてい夏休み中もオープンしています。しかしこれも「絶対にあそこに行くんだ」と決めている場合は、事前に電話をして確認しましょう。
 

【夏のイタリア情報おまけ】

イタリアでは、7月は夏のバーゲンシーズン!夏服現地調達もアリです。

夏のイタリアは、暑さはもちろん、ゆるさもテキトーさも増します。時間通りに進まない、予定が狂うなどあるあるです。イライラしないこと!も夏のイタリアの過ごし方であるかもしれません。郷に入っては郷に従え。ゆる~くのんびり夏のイタリアを楽しんでください。
Buon viaggio!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。