ピッツァ発祥の地ナポリ

napoli1

ナポリ王道ピッツァ、「マリナーラ」と「マルゲリータ」

「ピッツァ」と言えば、イタリアの料理のひとつにカテゴリーされますが、イタリアのどこに行っても美味しい~ピッツァが食べられるわけではありません。ピッツァの本場はナポリ。トマトソースの赤、トローリとろけるモッツァレッラチーズの白、バジリコの緑が彩りを沿えた、かの有名なピッツァ・マルゲリータが生まれたのも、ナポリです。

発祥の地であるナポリには、極上のピッツァが食べられるピッツェリアが犬も歩けば……ほど存在します(やや大げさ)。あまりあれこれ具をのせるのを嫌う人が多いからか、基本はやっぱりマルゲリータかマリナーラ。マリナーラは、チーズなしでオレガノ&ニンニクを乗せたサッパリ系のピッツァです。

ナポリピッツァの特徴

3

厚みは思いの他ないものです

ナポリのピッツァの特徴は、何と言っても、モチモチフワフワの生地! 厚みはそれほどなく、手で持つとフニャリとなってしまうデリケートな柔らかさがあります。そのためか、1枚をのせたお皿を前に、ナイフとフォークでいただきます。ちなみに、1枚は、1人分です!

イタリアには、もうひとつナポリと並ぶピッツァ、「ピッツァ・ロマーナ(ローマ風のピッツァ)」があります。こちらは、パリパリとしたクリスピーな生地で、本場ナポリの人に言わせると、「ナポリからの輸入ものにローマ人が勝手に手を加えたもの」だそう(笑)。

薪窯の香ばしいもっちりとした絶品の生地に、酸味のあるトマトソース。ナポリで食べる本物のピッツァ・ナポレターナは、ナポリに行ったらもう、食べないわけには行きません!

 

どこで食べる?本物のピッツァ

2

ナポリで食べたい本場のピッツァ

さて、ピッツェリア天国ナポリに行ったら、どのお店で食べるか?そこはやっぱり地元の人に聞くのが一番!ですね。

誰に聞いてもまず筆頭にあがるのは、日本の恵比寿にも出店を果たしたかの有名店、ご存知「Antica pizzeria Da MICHELE (アンティーカ・ピッツェリア・ダ・ミケーレ)」。今も昔も、ナポリピッツァの最高峰に位置する(と私も思う)最も行列のできるピッツェリアです。

ナポリにおけるピッツァは、1人1枚がルール(?)ですが、意外や意外、割とさっくり消化するため、あまり気合いを入れて食べに行くようなものでもなく、小腹が空いたら~的なものでもあります。もちろん人によりますので、チーズがこってりしていて1枚でも精一杯の人もいるでしょう。ナポリ人並みに強靭な胃腸をお持ちの方や食いしん坊なら、滞在中、2軒以上には足を運び、食べ比べてみると、それぞれの職人さんの腕前を比べてみるのも楽しいですよ。
各店、しのぎを削ったピッツァはそれぞれ個性があり、「○○のピッツァが好き」といえるようになったら、アナタもピッツァ通!




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。