Q.イタリア国鉄窓口はホントに大行列?

photo by SAWA
ローマ・テルミニ駅のキップ売り場
A.ホントです。

駅、時間帯、季節、そして職員の能力によって、違いはありますが、主要駅(ローマ・テルミニ駅、ミラノ・チェントラーレ駅、 フィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅、ナポリ・チェントラーレ駅など)は、たいてい行列しています。以前(といっても、 10年くらい前)と比べれば、多少緩和されているとはいえ、「スムーズ」と言う言葉からはほど遠いイタリア国鉄の駅。

通常は、出発時間の1時間~1時間30分前に並ぶものですが、これからの夏の旅行者ピーク時期になれば、 海外からの自己主張の激しいバックパッカーなどが大量に押し寄せ、「納得するまで質問を繰り返す」ため、 さらに行列の進みは遅くなることが予想されます。イタリア人は結構、こういう場合のあきらめが早いんですよね。

「待った甲斐があった!」と感じるためには強気で挑もう

イタリア国鉄(トレニイタリア)のチケットの基本的な購入は、この窓口。 まずは、心構えについてお話します。

長いこと並んで、やっと順番が来た!と思いきや、 あたった窓口の鉄道職員が暑さと混雑のためイライラしていて、 雰囲気に気圧され、したかった質問の半分もできなかったり、 窓口の人が面倒くさいがために、ホントは買えるのに「売り切れ」とか平気で言ったりしますので、 十分意気込んで質問する必要があるわけです(ウソのような本当の話)。

「あんなに並んだのに、まったく意味ないじゃん!」とムッとくる可能性がないように、 どんな不愉快な態度を取られても、「納得いくまで動かない!」といった意気込みで挑んでください(笑)。 あまり、窓口の人と会話をしなくても済むように、行き先、人数、希望日時を書いた紙を用意して、 窓口越しに見せるのも1つのコツです。「そんな大げさな」と思いましょうが、 窓口の口調がキツイためにひるんで「・・・ああ、じゃあいいです・・」と なりがちな心優しい日本人旅行者が困っていることもちょくちょく見かけます。

英語は通じますし、クレジットカードも使えます。急ぎの場合じゃないときは、 前日までに購入を済ませておくのが無難かもしれません。ただし、 ショーペロ(スト)や、 なんだかんだと予定が狂いがちなので、先々の分をまとめて購入するのは、イタリア旅行の場合、 あまり得策ではありません。変更やキャンセルなど、できる場合やできない場合がいろいろあり、 質問のために半日失うこともあり得ます。

photo by SAWA
お急ぎの方専用窓口が登場!

出発時間15分前なら、こんな裏ワザも

ところで、最近はこんなシステムが登場しました。「SportelloVeroce per partenza nei prossimi 15 minuti」つまり、「出発時間15分前を切った電車に乗る人のための特別窓口」です。オレンジのベストを着た係員が、(意外な程丁寧に)案内してくれます。テルミニ駅でしかチェックしていませんが、多分、大きな駅にはあるんじゃなかろうか、と。この窓口がなくても、「もうスグ出発するんです~」と言って、行列に紛れ込むというアナログなワザはありますが、結構迷惑なので、できたらやりたくありません。

まあ、マナーとしては、事前にキップを調達するに限ります。ガイド岩田のオススメは、コレです。
◆イタリア国鉄(トレニイタリア)の窓口に並ばず買えて、時刻表も調べられる便利な方法は、 自動販売機の使い方徹底解説!をチェック。

◆時刻表を調べるには、 トレニイタリアのホームページが便利。スペシャルキャンペーン情報など、タイムリーな情報も。インターネットで直接、予約&購入が可能です



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。