食事は1日200-300kcal少なめが効果的

やせ
継続可能&ストレスフリーなダイエットでスリムボディに!
摂取カロリー<消費カロリーの痩せるメカニズムからも分かるように、使ったエネルギー以上の食べ物を食べなければ痩せるのは明らか。しかし、極端に食べる量やカロリーを減らす方法だと、体が飢餓状態になりリバウンドを引き起こすのでNGです。

体脂肪を減らすには、摂取するエネルギーを1日に必要なエネルギーより200~300kcal少なめにすると効果的だといわれているので、低カロリーなメニューをバランスよく食べることを心がけ、1日3食、そして1日30品目の種類を少しずつ食べる食生活に改善していくとよいでしょう。目安としては、野菜:タンパク質:炭水化物を3:2:1の割合で食べると◎です!

糖質と脂肪を抑える食事も体脂肪減少には効果的です。かといって全く糖質や脂肪を摂らなければいいのか?というと、そうではありません。炭水化物は茶色のものを(玄米、雑穀、全粉粒のパンなど)、白砂糖よりは黒糖・蜂蜜などを、油は動物性より植物性を、というように種類を選ぶのもコツ。

タンパク質や植物繊維を多く含む食品を食べることも、痩せやすい体質づくりには効果的です。タンパク質は筋肉や骨が作られる大切な栄養素であり、特に筋肉は体の中で最も多くエネルギーを消費してくれる大切な役割が! 大豆食品や脂身の少ない赤身の肉、鮭など、高タンパク質で低カロリーな食品をしっかり摂ることはエネルギー消費アップのポイントとなります。

食物繊維はダイエットの大敵である便秘予防や、糖質や脂肪の吸収を緩やかにする働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。
その他、食べ物をしっかり咀嚼し食事をゆっくり楽しむ習慣を持てば、満腹中枢が刺激されることで早食いやドカ食いの予防につながります。