美しい秋の日にはレンタカーか電車でマンハッタンを離れ、ハドソン渓谷へ日帰りの旅をおすすめします。今回はアンティークショップやおしゃれなカフェなどで有名なコールドスプリング、19世紀の頭に建てられたハドソン渓谷を見下ろす素晴らしいロケーションにある大邸宅、ボスコベルについてご紹介します。ちなみにマンハッタン郊外の紅葉の時期は毎年10月2~4週目ごろ・・・つまりたった今がおすすめです!

●コールドスプリングへのアクセス
アンティークの街として有名なコールドスプリングへは、マンハッタンのグランドセントラル駅からメトロ・ノースのハドソン線に乗って約75分。週末や朝や夕方のピーク時を除くと一時間に一本くらいしか出ていないので、あらかじめ、こちらのサイトでスケジュールを確認して出かけることをおすすめします。ちなみに料金はオフピークで2003年10月14日現在往復22ドルです。

●コールドスプリングのメインストリートはアンティークやクラフトショップがいっぱい
駅に着いて、ハドソン川の方向と反対にメインストリートを歩くと、レストラン、アンティークショップ、ガーデンストア、カフェ、ブックストア、アウトドアショップなどが軒を並べています。72 Main Streetには1820年に建てられたPig Hill Innもあり、国定歴史地区として認められている19世紀の街の雰囲気を感じることができます。


●ハドソン川を見渡せるレストランでブランチ
街を一通り散策した後は、ハドソン川沿いのHudson House Innでブランチまたはランチを楽しんでみることをおすすめします。ハンバーガー、サンドウィッチ、パスタ、お魚料理、ステーキどれをとっても美味で、特にデザートの種類も豊富でおすすめです。このB&Bは宿泊することもできるので、少しゆっくり滞在したい方は電車の駅から1分の距離にあるこのB&Bをおすすめします。料金など詳しいことは、こちらのサイトまで。