1,000マイルから特典交換できるANAマイレージクラブ

札幌
1,000マイル=1,000円(最低1,000マイルから)でANAのツアー代金に充当できます。これからの季節、北海道へのスキーツアーや雪祭りツアーなどでの利用もおすすめです。
日系のマイレージプログラムで貯めたマイルを特典に交換する場合は最低10,000マイル(ANAマイレージクラブでは記念品がもらえるANAセレクションや電子マネー「Edy特典」など)、特典航空券に交換する場合にはキャンペーン期間中でない限りは最低15,000マイルからの特典交換となり、10,000マイル未満の場合にはマイルを有効活用する方法がありませんでした。

しかし、ANAマイレージクラブ会員向けのサービス「旅達(たびだち)」に入会することを条件に、1,000マイル=1,000円分のANAのツアー代金に充当できる「旅達ご利用マイル」としての利用が可能になり、国内ツアーは最大4,000マイル(4,000円分)、海外ツアーは最大8,000マイル(8,000円)まで最低1,000マイルから1,000マイル単位で旅行代金に充当可能で、マイルが無駄になりません。

これからの冬の季節、スキーやスノーボードなどで北海道を訪れる際のスキーツアーなどで「旅達ご利用マイル」を旅行費用に充ててみるのもよいかと思います。


家族のマイルを合算できる「JALカード家族プログラム」

沖縄
家族のマイルを合算して特典航空券に交換して旅に出ませんか!(写真は沖縄の美ら海水族館)
一人では特典航空券などの各種特典に交換するマイルが貯まらないけど、家族全員のマイルを合算すれば特典航空券に交換できるマイル数が貯まるのに!と思ったことはありませんか?

JALマイレージバンクでは、クレジットカード機能が付いたJALカード会員限定(18歳未満及び高校生はJALマイレージバンクカードでOK)で家族内のマイルを合算することができる「JALカード家族プログラム」が人気です。

マイルを合算することのできる「JALカード家族プログラム」は、入会にあたりいくつかの条件があるので、詳細は、All About「ポイント・マイレージ活用術」の記事『家族でマイルを貯めて使えるカード登場!』(2007年3月29日掲載)を参考にしてください。


ANAマイレージクラブ・JALマイレージバンクの日系航空会社のマイレージプログラムは、2008年より有効期限だけでなく、特典航空券の必要マイル数・上級会員資格の認定基準をはじめとした大幅なリニューアルが行われます。リニューアル内容については、改めて記事で取り上げる予定です。

【関連リンク】
ANAマイレージクラブ
JALマイレージバンク
ユナイテッド航空「マイレージ・プラス」
アメリカン航空「AAdvantage」

All About「エアチケット」
マイレージプログラム一覧(リンク集より)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。