お盆期間中は必要マイル数がアップ

大阪
「夏休み みんなdeマイル」でお得に夏の国内旅行へ出かけませんか!(写真は大阪・道頓堀)
通常期間の「おともdeマイル割引」では、「JALマイレージバンク」会員本人の必要マイル数は一律10,000マイルになってますが、「夏休み みんなdeマイル」については、お盆期間を中心に会員本人の必要マイル数が路線によって異なり、片道毎に必要マイル数が以下のように設定され、片道ずつの合算で必要マイル数が決まります(搭乗日・路線によって往復で10,000マイル、20,000マイル、30,000マイルの3タイプのいずれかになります)。

■東京(羽田・成田)、名古屋(中部・小牧)、大阪(伊丹・関西・神戸)、福岡発便(奇数便)及び沖縄発のJTA(日本トランスオーシャン航空)とRAC(琉球エアコミューター)の離島便
・7月10日~8月9日、8月15日~8月31日 片道5,000マイル
・8月10日~8月14日 片道15,000マイル

■東京(羽田・成田)、名古屋(中部・小牧)、大阪(伊丹・関西・神戸)、福岡着便(奇数便)及び沖縄着のJTA(日本トランスオーシャン航空)とRAC(琉球エアコミューター)の離島便
・7月10日~8月14日、8月20日~8月31日 片道5,000マイル
・8月15日~8月19日 片道15,000マイル

■その他路線
・7月10日~8月31日 片道5,000マイル

例えば羽田から沖縄へ、行きは8月9日、帰りが8月16日の場合は、往路分5,000マイル、復路便15,000マイルの合計20,000マイルが必要です。


同行者の運賃は搭乗日・便毎に設定

通常期間の「おともdeマイル割引」は、路線毎に同行者の運賃が設定されてますが、「夏休み みんなdeマイル」については、搭乗日・便毎に運賃が設定されております。「夏休み みんなdeマイル」の運賃表より、運賃を確認して、往路・復路の運賃を合算した金額が実際の支払額になります。

前ページでも少し触れましたが、子供用(12歳未満)の小児運賃も設定されており、例えば羽田=伊丹線の同行者運賃は、大人が片道あたり9,000円~12,000円であるのに対し、小児運賃は片道7,000円~8,000円の設定となっています。

同行者については、「JALマイレージバンク」にマイル積算する場合には、区間マイルの75%でマイルが貯まります(マイルを引き落としするJALマイレージバンク会員本人はマイルが貯まりません)。


「クラスJ」の利用も追加料金で可能

クラスJ
「夏休み みんなdeマイル」利用の際にも「クラスJ」が追加料金(マイレージ会員本人はマイル)で事前予約可能です
1,000円の追加料金で利用可能で、平均搭乗率85%以上と人気のJAL国内線上級クラス「クラスJ」についても、予約時もしくは当日出発空港で空席がある場合にご利用できます。

「夏休み みんなdeマイル」予約時に「クラスJ」を予約した場合は、マイルの引き落としを行ったマイレージ会員本人については片道あたり1,000マイル、同行者は片道あたり1,000円の追加で利用できます。当日出発空港で「クラスJ」に空席がある場合は、マイレージ会員・同行者共に片道1,000円の追加料金を空港で支払うことになります。

注意が必要なのは、「クラスJ」をご利用の場合はグループ全員分の「クラスJ」席が確保できないとご利用になれない点です。例えば「クラスJ」に3席の空席があるものの、4人のグループの場合は全員一般席の利用となります。


次のページでは、万が一のキャンセルの際の問題点を紹介します。