ユナイテッド航空機体
アメリカ本土だけでなく、ハワイやアジアへも路線を持つユナイテッド航空
日本市場において、マイレージ会員数が多く、ビジネストラベラーはもちろん、格安航空券利用者にも根強い人気ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージ・プラス」。エコノミークラスの格安航空券や正規割引運賃のほぼ全てが区間マイルの100%で積算され、日本からのユナイテッド航空のネットワークは、成田・関西・中部の3都市に乗り入れており、北米(シカゴ、ワシントンDC、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル)やハワイだけでなく、バンコクやシンガポール、ソウル、台北などのアジア路線も運航するなど幅広く、更にANAをはじめ「スター アライアンス」加盟航空会社便でもマイルが貯められることから人気のマイレージプログラムになってます。

今回、これまでの最後の利用から36ヶ月だった有効期限が、2007年12月31日終了時点より18ヶ月に変更されることになりました。そこでマイルが失効しない為の方法について紹介します。


最後のマイル増減から36ヶ月→18ヶ月へ

UA新ファースト・クラス(通常時)
2007年秋から導入予定の国際線ファースト・クラスの新シート(通常時)。日本線への導入は2008年からとなります。
従来、「マイレージ・プラス」では、最後の利用日(マイルの増減があった時点)から36ヶ月間が有効期限になっており、つまり3年に1度でもマイルの増減があればマイルは失効しないルールになってましたが、2007年12月31日(月)より、18ヶ月に1度でもマイルの増減があればマイルは失効せず、18ヶ月以上マイルの増減がない「マイレージ・プラス」のマイル口座は0マイルになる新ルールが開始されます。


まずはマイルの有効期限を確認

UA新ファースト・クラス(フルフラット時)
2007年秋から導入予定の国際線ファースト・クラスの新シート(フルフラット時)。全長2メートルのフルフラットベッドでゆっくりお休みいただけます。
有効期限がいつなのか分からない人は、ユナイテッド航空予約センター0120-114466または03-3817-4411に問い合わせてください(2007年12月31日より新規則適用のため、現在、ユナイテッド航空のウェブサイトの「マイル明細書」では、36ヶ月後の日付が表示されます)。しばらくマイルの積算・特典利用した記憶がない人は、この機会にマイルの有効期間を確認することをおすすめします。

マイルの有効期限内に、ユナイテッド航空をはじめ、提携航空会社のフライトの利用、もしくはマイルを使って特典航空券に交換をすれば、18ヶ月間、有効期限が延長されますが、飛行機を利用する予定のない人はどうしたら良いのでしょうか?


次のページでは、有効期限を気にする必要がないユナイテッド航空提携のクレジットカードについて紹介します。