15年ぶりのANA新制服が決定!

3案あったANA客室乗務員の新制服。一番右のC案に決まった。
全日空の制服が2005年春から新しくなります。みなさんもよく見慣れているいまの制服(芦田淳氏のデザイン)ができてからもう14年。

これまでは3年でモデルチェンジということもありましたから今回はずいぶんインターバルが長かったことになります。

デザイナーは若手の気鋭、田山淳朗氏


さて、これまで全日空の制服は芦田淳や三宅一生などの大御所に任されてきましたが、今度の制服のデザイナーは田山淳朗氏。すでに10年以上前からパリコレに出展するなど若手の実力派です。

全日空では田山淳朗氏に3案のデザインを依頼。

「安心と信頼、新しさと変革を表現した」(田山淳朗氏)制服は3案とも、濃紺のストレッチ素材に最近の時流にも乗った「ラメ糸」を使ったストライプ模様。 ANAのコーポレートカラーである「ブルー」とエレガントな「パープル」を基調にしています。

どうやって最終案は確定したのでしょうか。そして歴代の制服についても紹介!