投票で最終案を確定

ANA新制服
地上職の制服(右手)は地上職の55%の支持を集めた。
ANAでは制服の案を3種類公表したうえで、2004年6月にANA国内線の搭乗客を対象にアンケートを実施しました。

総票は80333票。そのうちC案が41%と一番人気でした。ちなみに新制服を身につける客室乗務員(約5200名)も45%がC案を支持しました。3案の中では一番シャープで男性的なデザインが選ばれたのも時代の潮流でしょうか。

ちなみに地上スタッフ(約5000名)の制服も、地上スタッフ自身の投票の結果、55%がひとつの案に集中し、すんなり決定しました。

歴代の制服はここで見られます


こうなると気になるのはこれまではどのような制服だったのか、ということ。過去の制服についてはここで確認することができます。
時系列順に並べると以下のようになります。

1955年~ 米空軍婦人服をモチーフにした制服。
1958年~(社員によるデザイン) 夏はシャツ姿でサービスをした。
1966年~(中村乃武夫) 厚生大臣賞を受賞。
1970年~(芦田淳) 大阪万博開催に合わせた「ミニスカート」の制服。
1974年~(伊藤達也) トライスター導入に合わせたのでトライスタールックと呼ばれた
1979年~(三宅一生) B747SRの就航に合わせた。
1982年~(芦田淳) 機体カラーの刷新に合わせたリニューアル。
1990年~(芦田淳) B747-400就航に合わせた現行デザイン。縦のストライプが印象的。

余談ですが全日空リカちゃんなるものも存在しました。もう発売はされていませんが、田山淳朗氏の新ユニフォームもはたして発売されるのでしょうか?



【関連リンク】
エアチケット[All About]JALJAS完全統合でなにがかわる?(JAL新制服について紹介)
全日空プレスリリース ANAグループ新ユニフォームのデザインを決定

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。