ビジネスクラスよりも快適なエコノミークラス?

日本航空エコノミークラス

JALのエコノミークラス。エコノミークラスのエンターテイメントは進化しているが一人当たりの占有スペースは広くない。これを打開する裏ワザとは…。
エコノミークラスといえば狭い、つらい、安いという3拍子?というのが定評になっています。数時間程度ならともかく10時間を超える長時間のフライトともなればたんにつらいだけでなくエコノミークラス症候群のリスクも高まります。

そこでAll Aboutエアチケット読者だけにエコノミークラスでも快適に過ごせるコツを公開したいと思います。まずは序の口から。

通路側の座席を指定する

まずは基本から。窓側の席は外の景色が見えるものの、トイレなどで外に出るときにいちいち通路側の人に立ってもらわなくてはなりません。これは気が弱い人にはけっこうプレッシャーになるもの。

一番よいのは搭乗日の前に航空会社に電話をして座席指定をしてしまう方法です。座席番号までは指定できなくても通路側か窓側かといったリクエストは受け付けてもらえるケースがほとんど。

格安航空券ではなくペックスの航空券(JAL悟空やGETのような正規割引運賃)なら予約時に座席番号まで指定できるので早めに押さえてしまいましょう。格安航空券でも出発日が近づけば(つまり旅行会社の発券後)座席番号で予約できる航空会社もあります。

同じ通路側でも条件が違う?

通路側の席といっても2列の通路がある飛行機の場合、いわゆる通路に挟まれた中央の席と窓側の席と続きになっている席では条件が異なります。どちらがオススメかといえばズバリ中央部の通路側。

ここなら左右両方からお客さんが通路に出られるのでほかのお客さんのためにいちいち席を立つ可能性が減るからです。

つぎのページでは少しマニアックなエコノミー快適旅行術を!