「靴を脱いでください」、「ベルトを外してください」と空港でいわれて驚いた方、いらっしゃいませんか? 

9.11以降なにかと厳しくなった空港でのチェック。もちろん安全のためとわかってはいますが、長蛇の列にはいささか閉口してしまいます。

また入国審査や税関での検査もアメリカをはじめとして以前よりも厳しい傾向が見られるようです。

そこで今回はセキュリティチェックと入国審査をできるだけスムーズにパスする方法について考えてみたいと思います。

コインや小物は事前にカバンにしまう

まず基本は必ずパスポートと搭乗券は手もとにもっていること。身元確認のためにチェックするときにすぐに出せるようにしておきます。

セキュリティチェックで時間がかかるのは自分の番になってからポケットの中の携帯電話やコインなどを預けている人が多いためのようです。ですので自分の番がくるまでのあいだにポケットなどに入っているコインや鍵、財布、携帯電話などをすべて自分のバッグの中にしまいます。

米国などチェックの厳しい空港では靴やベルトを脱いで預けるケースもありますので前の人がどんなものを預けているか、よく注意したほうがよいでしょう。

コートを着ていればそれも脱いでX線検査にかけます。こうしていればまず検査でひっかかることはないはず。

米国路線などで搭乗券にSSSSという表記が出ている場合があります。この際はとくに厳重なチェックを受けますが、べつにマークされているわけではなく、全員に厳しいチェックをしていると時間が足りないのでランダムにチェックする人を決めているので心配ありません。

またセキュリティチェックで時間がかかることを見越し、早めに空港をめざしたほうがよさそうです。最近、米国で直前にチェックインをしようとして搭乗拒否にあったという報告を複数聞いています。

イミグレをスムーズに通過するコツについては次のページで!