エコノミーのはずなのになぜかビジネスクラスに…!
 エコノミークラスのチケットしか持っていないのに、ビジネスクラスにアップグレードされちゃった。という話を聞いたことはありませんか?

 マイレージなどを使ってアップグレードするのではなく、オーバーブッキングなど航空会社の都合でアップグレードされることを「インボラアップグレード」と呼びます。
重要なのは、どういう時に、どのような人がアップグレードされやすいかという点。

 まずはエコノミークラスが満席でビジネスクラスに余裕がある場合。なぜなら、通常エコノミークラスに残席があるかぎり、エコノミークラスの客をビジネスクラスにアップグレードすることはまず考えられないからです。ですから観光客が集中する日本帰国便ならチャンスが多いわけです。マニアの中には事前に空席の状況をインターネットで調べて、エコノミーぱんぱん、ビジネスがらがらという便に「わざと」予約する人もいます。


 また、事前にコンフィギュレーションと呼ばれる座席配置を調べておけば、自分の乗る機材のビジネスクラスとエコノミークラスの座席の比率が分かります。いうまでもなく、エコノミークラスの比率が少なく、ビジネスクラスの比率の高い機材に乗ったほうがアップグレードの可能性は高くなるわけです。

 ほかにどのようなひとがアップグレードされやすいのでしょうか。
 マイレージ会員のステータスが高いほど有利です。やはりゴールド会員、プラチナ会員など頻繁に乗っているお得意様が優先されるのは当然のこと。航空会社によっては上級会員から順番にアップグレードされるようにプログラミングされているといいます。
 焼け石に水かもしれませんが、もちろんヒラ会員でもマイレージ会員になってないよりはマシなのでマイレージの会員にはなにがあってもなっておきましょう。

アップグレードされるコツは次のページでもっと!