一人ひとりの個性を見極め伸長する、市川中学校

渋谷教育学園幕張中学校、東邦大学附属東邦中学校に続く勢いで人気を集める市川中学校

渋谷教育学園幕張中学校、東邦大学附属東邦中学校に続く勢いで人気を集める市川中学校

市川中学校は古賀米吉によって戦前の1937年に創設された。戦後の47年に新制市川中学校となり、48年に市川高校が開校。2003年より中学校の女子の募集を開始、共学化して評判が高まった。渋谷教育学園幕張中学校、東邦大学附属東邦中学校に続く勢いで人気を集めている。私立の共学校は特に女子に人気があり、これら3校とも女子が優秀。

教育理念に「第三教育」を掲げている。「第三教育」とは家庭(親)の教育、学校(先生)の教育に続き、「自分自身での教育(学び)」のことを言う。また、教育方針に「個性の尊重と自主自立」を掲げ、教師は生徒の個性、持ち味を大切にし、一人ひとりをよく見てそれぞれの可能性を見出し伸ばすとともに、生涯学んでいく力を生徒自らが養っていくことを奨励する。

2003年の共学化と同時に新校舎が竣工。敷地面積28,237平方メートルに建つ新校舎は教科・科目ごとの実験・実習室やコンピュータ室、自習室など施設・設備も充実。このほか、大型スクリーンが設置され演奏会なども開ける國枝記念国際ホール、講堂を兼ね備えた総合体育施設の古賀記念アリーナ、屋外運動場と3つのグラウンド、古賀記念体育館など。「第三教育センター」に設置された図書館は広い閲覧スペースを確保。生徒が自習の場として活用できるよう朝7時~18時まで開館している。など、高校での外部募集も行っている。