ドイツの魅力が凝縮 ロマンチック街道

中世の愛らしい町並みや華麗な王城、荘厳な大聖堂など、ドイツの魅力が数珠のように連なるマンチック街道。南ドイツのほぼ真ん中を縦断する、不動の人気を誇る観光街道です。見どころはそれこそ無数にあるのですが、今回は必見の観光スポットBEST3だけをピックアップして、北から順に追ってみましょう。

詳細記事はこちら>>>ロマンチック街道

世界遺産のバロック宮殿 ヴュルツブルクのレジデンツ

庭園から見たヴュルツブルクのレジデンツ

庭園から見たレジデンツ

ヴュルツブツクはロマンチック街道北端の町。かつては司教が治めていたカトリックの宗教都市です。ここでぜひ見学してほしいスポットは、ヴュルツブルク司教の居城だったレジデンツ(領主の館)。世界遺産にも登録されている、南ドイツを代表する18世紀のバロック宮殿です。

堂々とした外観から想像する以上に、宮殿内はダイナミック! 見学の最初に登場する圧巻の「階段の間」や、大理石の宮廷教会、煌びやかさは完成当時のままという「皇帝の間」など、天井画や美術品で美と贅を尽くした40室を見学できます。毎年6月頃に開かれるヴュルツブルクの「モーツァルト音楽祭」では、この壮麗なレジデンツで音楽まで楽しむことができますよ。

<DATA>
■Residenz Wuerzburg (レジデンツ・ヴュルツブルク)
入場料:大人7ユーロ、学生6ユーロ
開館時間:4~10月 9:00~18:00/11~3月 10:00~16:30

中世への旅 ローテンブルク旧市街

ローテンブルクでは中世にタイムスリップ

ローテンブルクのプレーンライン

ドイツ中世を訪ねる旅ならローテンブルクにおまかせ! ローテンブルクはヴュルツブルクから南方50kmに位置する町で、見どころは中世の姿をとどめる町全体。町を取り囲む市壁や門、石畳の小道に木組みの家並みなどは、修復はされているものの見事に14世紀の姿のまま。ドイツからイメージする中世やメルヘンの世界がここにはあります。

ローテンブルクはどこもかしこも絵になる町。特に、町の南部ではプレーンラインという一角、町の東端のブルク門からは渓谷に抱かれた中世の町の眺望、中心部では古い市庁舎や教会、商家の立派な木組みの家並みが美しく、表情豊かな町並みに絶え間なくカメラを構えることになりそうです。中世のテーマパークのようなローテンブルクでは、ウキウキと楽しい観光ができますよ!

ドイツの城なら! ノイシュヴァンシュタイン城

どんな季節でも絵になるノイシュヴァンシュタイン城 ©Deutsche Zentrale fuer Tourismus e.V.

ノイシュヴァンシュタイン城 ©Deutsche Zentrale fuer Tourismus e.V.

ドイツ観光のハイライトのひとつ、ノイシュヴァンシュタイン城。ロマンチック街道の南端にあり、ドイツアルプスを背にそびえる白亜の城は、シンデレラ城のモデルのひとつとして日本でも有名ですね。ロマンチックこの上ないノイシュヴァンシュタイン城を建てたのは、かつてのバイエルン王ルードヴィヒ2世。19世紀後半のことでした。

政治よりも築城とワーグナーの音楽に心酔していた困った王様のルードヴィヒ2世ではありましたが、王の中世への憧れを余すとこなく体現したノイシュヴァンシュタイン城には、他に類を見ない魅力がたっぷり。舞台セットのようなしつらえやロマンチックな広間など、現実を忘れて、ひととき王の夢幻の世界へ誘われてみましょう。

<DATA>
■Schloss Neuschwanstein (シュロス・ノイシュヴァンシュタイン)
入場料:大人9ユーロ、学生8ユーロ
開館時間:4~9月 9:00~18:00/10~3月 10:00~16:00