フジツボ
磯の岩についている、小さなふじつぼとは違います

「ふじつぼ」は甲殻類

実はカニやエビと同じ甲殻類です。以前、カメノテを紹介したことがありますが、同じ種類になります。卵から孵化した幼生はエビやカニ同様に海中を浮遊して育ちます。

少し成長すると、岩などにへばりつき、エビやカニの甲羅の代わりに、硬い貝殻状のすみかを作り、その仲で成長するのです。

生きている時に観察すると、かなり不気味

フジツボ
真ん中あたりを良く見ると触角状の物体が・・
うまく撮影できなかったので、お分かりにくいでしょうが、ふじつぼには長い触角状のものがあります。形状としては、蝶の口のようにグルグル巻きでしまわれていて、それがグッと伸びてきます。

どうも、生殖器のようです。これはかなりグロテスクです。

料理は簡単 少量の塩水で5分ほど茹でるだけ

フジツボ
ふじつぼ自体の味を生かす、薄めの塩加減
さっと、たわしで洗い、ひたひたの薄めの塩水で茹でます。沸騰したら火を弱め、5分ほどで出来上がります。

素材の味と香りが絶妙なので、お酒などの調味料を入れない方がおすすめです。

次ページで、フジツボを堪能します>>