「青森のお土産に、いちご煮の缶詰を頂戴したものの、どう食べたら美味しいのか分らない。」という方がいらっしゃるのではないかと思います。いちご煮とは、苺を煮たものではなく、 ウニとアワビを潮汁仕立てにしたものです。
今日は、この、蓋を開けると、ふわ~んと海のにおいがする缶詰を使って、贅沢な炊き込みご飯を作ります。すごくおいしいですよ。


横手土産と大阪土産 / 沖縄土産

 

いちご煮の炊きこみごはん

苺煮炊き込みご飯




使用した材料 4人分

・いちご煮 ............1缶
・米 ............3合
・スライス干ししいたけ ..............少々
・酒 ..............大さじ1
・しょうゆ ............小さじ2/3
・塩 ............1つまみ
・トッピング ..............もみ海苔、わさび


作り方

1. 30分前に、米をといで水を切っておく。椎茸はぬるま湯で戻す。

2. 蓋を開けて、ザルごしに、汁だけを釜にあける。

3. 酒、醤油、塩を加え、3合の線まで水を足し、椎茸、具を加えて普通に炊く。

4. 炊けたらさっくり混ぜる。一杯目はそのままで。二杯目はもみ海苔とわさびを添えて。

(潮の香り、磯の香り、わさびの風味が三位一体となって美味しさ倍増。)


昨日紹介したのは 【トーストグラタン】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。