大根の葉や蕪の葉など、捨ててしまいがちな葉っぱと、 あり合わせの野菜を煮込んで作る、身体とお財布に優しいスープです。 肉類は全く入っていないのに深い味わいがあります。 たっぷりの野菜をコトコトじっくり煮込むのが美味しく作るコツです。煮込んでる内に、野菜たちの旨味が交わって、ふくよかな味になって行きます。

味噌汁・お吸い物・スープのINDEX

 

身体に優しいダイエット料理


田舎風野菜スープ



使用した材料 4人分

・大根の葉 ............1本分
・蕪の葉 ..............1本分
・長ネギ ..............1/2本
・玉ねぎ ..............1個
・人参 ............1/2本
・じゃが芋 ..............1個
・キャベツ ..............2枚
・セロリ ..............1/2本
・グレープシードオイル(又はオリーブオイル) ............大さじ2
・にんにく ............1片
・水 ..............6カップ
・酒 ............50cc
・固形スープ ..............1と1/2個
・塩 ..............3本指で3つまみ程度
・こしょう ..............少々


作り方

1. 大根と蕪の葉は1センチ位に切り、サッと塩茹でし、冷水に取って冷まし、手で ぎゅっと絞る。玉ねぎと長ネギは粗みじん切り。人参は7~8ミリの角切りにし、じゃが芋、キャベツ、セロリは1cmの角切りにする。

2. 鍋にオイルと叩いてつぶしたニンニクを入れて弱火で炒め、ニンニクの匂いをオイルに移して取り除く。

3. 長ネギを入れ、香ばしさが出るように、ややキツネ色になるまで、ていねいに炒める。

4. 次に玉ねぎを入れて炒め、しんなりして透き通ったら、人参、セロリ、キャベツ、じゃが芋を炒め、水と固形スープと酒を加えてコトコト煮込む。

5. 野菜がほぼやわらかくなったら、塩とコショウで味付けし、大根と蕪の葉を入れてやわらかくなるまで煮込み、最後に味見して塩コショウで味を調える。

(塩を一度に入れてしまわずに、最後に調整する。)

昨日紹介したのは 【蕪の茸風呂吹き】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。