一昨年は、ハンペンを使ってだて巻きを作りました。昨年は海老を使いました。今年は刺身用のホタテを使います。魚特有の生臭さが全くありません。ホタテの旨味が卵の味を後押ししてるといった感じの味わいです。ハンペンよりも、海老よりも、魚のすり身よりも美味しいと思います。おすすめです!
出汁をとるのが面倒だという方は、 ↓の、だし汁の代わりに納豆ダレを使うだて巻きの調味料でお作りください。薄口しょう油の代わりに白だししょう油や、濃口しょう油でもかまいません。濃口しょう油だと、ほんの少し塩味が薄くなります。白だししょう油の場合は、メーカーにより多少の濃淡があると思いますが、気になるほどではないはずです。どちらにしろ、ミキサーにかけた後、指先につけてちょっとなめてみて、味加減をしてください。生でも食べられる材料を使ってますので。

ガスレンジ使用/ 大きめサイズのはんぺんだて巻き
オーブントースター使用/ だし汁の代わりに麺つゆを使うはんぺんだて巻き
オーブントースター使用/ だし汁の代わりに納豆ダレを使う海老すり身入りだて巻き

 

簡単おせち料理

ホタテ入りだて巻き

ホタテ伊達巻き


使用した材料 15×23cmの天板1枚分

・卵 ............大4個
・刺身用ホタテ ............45g
・やまと芋(又は長芋) ..............25g(皮をむく)
・酒 ............大さじ1
・みりん ..............大さじ1
・さとう ..............大さじ3
・だし汁 ..............大さじ2
・薄口しょう油(又は濃口醤油や白だし醤油) ..............小さじ1


作り方

1. ミキサーに、全材料を入れてスイッチを入れ、なめらかな液状にする。

2. オーブンシートを、天板より大きく切って、立ち上げるように敷き、 卵液を流し入れる。

3. オーブントースターに入れ、タイマーを10分に合わせてスイッチを入れる。

4. 3~4分経ったら、焦げ過ぎを防ぐため、アルミホイルをふんわりかぶせる。

5. 8~9分後、焼け方にムラができてるようであれば、天板の向きを変えて焼く。

6. 巻きすの上に、オーブンシートにくっついていた面を下にして縦にのせ、 巻き易いように、手前側に3本ほど、包丁でスジを入れる。

7. 手前を持ち上げて巻いていき、両端を輪ゴムを2回転させてきつめに止める。

8. さめたら適当な厚さに切って盛り付ける。すぐに食べない場合は、ラップで包んで冷蔵庫で保存する。


昨日紹介したのは 【明石焼き風だし巻き玉子】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。