あなたの家の炊飯器でパンが焼けることが分かったら、そして炊飯器でパン作りに慣れたなら、次は、イーストの割合を減らして、できるだけ大きいパンを焼いてみましょうか。 バターや油を使いません。内釜に塗る油が少量要るだけです。チーズを混ぜ込みましたが、もちろん入れなくてもかまいません。ガス抜きも内釜の中でやってしまいますので、余計な道具が要りません。

基本の炊飯器パン(1)
炊飯器クッキングレシピ集
炊飯器クッキングの基礎知識
ガイド著書【炊飯器で作るからおいしい】

 

炊飯器でパン作り

基本の炊飯器パン2(チーズ入り)

チーズパン

チーズパン


使用した材料 5合炊き炊飯器用

・強力粉 ..................300g
・ドライイースト ...............小さじ1
・スキムミルク(コーヒー用の粉ミルクでも可) ...............大さじ1
・砂糖 ...................大さじ1弱
・塩 .....................小さじ2/3
・プロセスチーズ ..............50g
・ぬるま湯 ....................220cc
・手粉 ..............少々


作り方

1. ボウルに強力粉、スキムミルク、イースト、砂糖、塩を入れて泡だて器でかき混ぜ、ぬるま湯を注ぎ入れながら箸で混ぜ、ラップをふんわりかけて10分おく。

注(チーズを入れない場合は、塩の分量を小さじ1~1強にします。)

2. 手でこね、叩きつけること3~5分、生地の手離れがよくなったら丸めて、薄く油を塗った内釜におさめ、片面を水で濡らしたラップをかぶせ、保温スイッチを入れて10~12分→スイッチを切って30分、生地が2倍ほどの大きさになるまで発酵させる。

3. 釜の中に入れたまま、粉をつけたこぶしで押してガス抜きし、角切りしたチーズを散らす。

4. チーズを包んで丸める。(口をしっかり閉じる。)

5. 上下を返して、底になってた面を上にし、水で濡らしたラップをかぶせ、保温スイッチを入れて10分→切って15~20分、2~2.5倍に大きさになるまで発酵させる。

6. ラップを外して普通に炊く。

7. スイッチが切れたら網の上に取り出す。焼き面はパリッ!白い部分はふんわり!

ひとこと
この時、焼きがあまいと感じたら(指で押した凹みが戻らない時)、そのままか、裏返して再加熱すると良い。少しぐらいの焼きのあまさは、15分程の再加熱で解決するはず。何度も何度も再スイッチを入れるのは、炊飯器に負担がかかり、故障する恐れがあるので止めた方がよい。再スイッチが入らない炊飯器の場合は、内釜を一旦取り出して、熱源の温度を下げてからセットしなおして、再スイッチを入れる。
初心者必見!炊飯器クッキングの注意点

使用したのは三洋の圧力IHジャー炊飯器 5.5合炊き


前回紹介したのは【豚肉のマーマレード焼き】 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。