今日の炊飯器クッキングは、ホワイトクリスマスに似合う、クリームシチューです。 炒めすぎによる焦げつきがないため、正真正銘のホワイトシチューになります。煮崩れもありません。まぶした小麦粉に一番最初に熱を加えたいので、肉を底に敷きます。鶏肉にうっすら焼き色がついて、いい感じの仕上がりです。
炊飯器によっては、汁気の多い料理だと、なかなかスイッチが切れない場合があります。そんな時は、その炊飯器で白米が炊き上がる時間を基準にして、例えば、普通40分で炊き上がる炊飯器だとしたら、予定の時間を5~6分経過してもスイッチが切れる様子が見られない時には、中を確認して、手でスイッチを切ります。そして、お任せにはできない炊飯器なんだということが分かったら、次回からは、煮え具合を目で確かめて40分や45分でスイッチを切ってもいい訳です。その炊飯器の性質を見極めてしまえば、後は簡単です。

炊飯器でクリスマスクッキング
初心者必読!炊飯器クッキングの心得&注意点
炊飯器でおかず作り
炊飯器クッキングレシピ集
ガイド著書【炊飯器で作るからおいしい】

 

炊飯器でクリスマス料理

クリームシチュー

クリームシチュー


使用した材料 4人分 (5合炊き炊飯器)

・鶏むね肉 .................1枚
・ベーコン .............2枚
・玉ねぎ ...............2コ(皮を剥いて360g)
・じゃがいも .............4コ(皮を剥いて350g)
・人参 .................1本(150g)
・無塩バター .............20g
・小麦粉 ...............大さじ2
・水 ....................300c
・白ワイン(清酒でも可) ..............60cc
・塩 ....................少々
・こしょう ..............少々
・ベリーフ ..............1枚
・固形スープ ............1コ
・生クリーム(動物性) ................200cc


作り方

1. 玉ねぎは5ミリにスライス。人参は乱切り。じゃが芋は人参より大きく切る。ベーコンは小指の爪ぐらいに切る。

2. 鶏肉を一口大に切り、塩コショウしてもみこみ、小麦粉大さじ2をふりかけてまぶす。

3. 内釜の底に、小さく切ったバターを入れ、鶏肉を入れ、ベリーフをのせる。

4. その上に野菜とベーコンを入れ、水、白ワイン、手で砕いた固形スープを入れ、コショウを少々ふり、塩を一つまみ加えて普通に炊く。

5. 50分炊いてスイッチを切り、生クリームを加える。

6. かき混ぜて、味見して、塩加減を調整する。


使用した炊飯器は、普通の白米が約47分で炊けるSANYO IHジャー炊飯器 1.0L(5.5合) です。
この炊飯器は、汁気の多い料理だと、 なかなかスイッチが切れないので、50分程炊いた段階で、蓋を開けてほどよく煮えてるのを確認した上で、スイッチを切りました。お試しになる際の目安にしてください。


昨日紹介したのは【12月のお弁当】 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。