鶏肉を、油を使わずに、フライパンの上で弱火でじっくり焼いて、炭火焼のように焼き上げます。蓋をすると蒸し焼きになり、肉汁が流れ出て、パサついてしまいがちですが、この方法なら、皮はパリッと、肉はふっくらジューシーに焼き上がります。時間をずらして付け合せを焼いて、肉とはちょっと違った味付けにします。
鶏肉を使ったレシピ集

 

ふっくらジューシー

鶏肉の焼きもの

鶏肉の炭火焼風


使用した材料 4人分

・鶏むね肉(又はもも肉) ....................2枚
・塩 ............................小さじ1
・酒 ............................小さじ2
・柚子コショウ ..................適量

・ししとう ......................4~8本
・長ネギ ........................1~2本
・竹輪 ..........................4本
・ポン酢醤油 ....................適量
・七味唐辛子 ....................少々

・レモン ....................適宜
・トマト ....................適宜


作り方

1. キッチンペーパーで鶏肉の水分をふきとり、塩をすりこみ、酒をまぶし、30分ほど置く。

2. 長ネギは5センチに切る。竹輪は半分に切る。ししとうは、ヘタを切り落とし、 爪楊枝を差し込んで、ぐるりと回して種を取ると辛くない。

3. 油を入れずに樹脂加工のフライパンを熱し、鶏肉の皮を下にして並べ、蓋をせずに弱火でじっくり焼く。

4. キツネ色に焼き色がついたら裏返して、再びじっくり焼く。八分通り火が通ったらネギ、ししとう、竹輪を並べて焼く。

5. 肉にこんがり焼き色がつき、指で押してみて、しっかりした弾力が出てたら、鶏肉を取り出す。

6. フライパンに残ってるネギ、ししとう、竹輪にポン酢醤油を注ぎいれてからめ、七味唐辛子をふりかけて皿に盛る。

7. 鶏肉の皮側に柚子コショウを塗り、適当な厚さに切り分け、(6.)の皿に盛り合わせて、レモンとトマトを添える。


昨日紹介したのは【枝豆のおいしい茹で方】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。