炊飯器で楽々クッキング♪
鰤のアラは、大根と一緒に炊きましたが 淡白な鯛の場合は、香りのよい牛蒡を組み合わせて炊きます。今日使用した炊飯器は、 旧式のものなので、様々な機能はついておりませんが、蓋の開閉が自由自在にできるので、 途中で煮具合を確かめたい料理には、かえって適しているように思います。

前出の鰤大根を作った“圧力IHジャー炊飯器”は、 炊飯中ロックがかかるため、一度スイッチを切らないと蓋が開きません。 が、この炊飯器は大変優秀なので、たいがいの料理をきっちり仕上げてくれます。途中の開閉はあまり必要ないようです。 鰤大根も、途中の出来具合を確認をしないまま、スイッチが切れるまで炊き続け、思い通りの仕上がりになりました。

魚のあら煮が苦手な方も、炊飯器でなら失敗なく美味しく作れるはずです。 何度か試して、自分の家の炊飯器の特徴を把握したならば炊飯器クッキングは お手の物!料理の幅がぐんと広がること間違いなしです。 仲良くなれば、炊飯器は、料理が得意でない方や、何かと忙しいあなたの、頼もしい味方になってくれることでしょう。

炊飯ジャーで楽々クッキング

 
鯛のあら炊き


材料

・鯛のアラ ......................1匹分(650g)
・細めのごぼう ........................1本(160g)
・酒 ............................大さじ3
・みりん ........................大さじ3
・砂糖 ..........................大さじ1
・しょう油 ......................大さじ3

・白髪ネギ ......................1本分


作り方

1.牛蒡の皮をこそげて5cmに切り、太いのは半分に割る。 鍋に湯を沸かし、牛蒡を1分間茹でて網じゃくしですくって冷水にとる。同じ湯で ウロコをとってぶつ切りした鯛の頭を、10秒程度ゆでて冷水にとり、残ったウロコを手で丁寧に取る。

2.内釜に、皮を下に鯛のアラを入れ、その上に中骨部分を入れ、牛蒡を散らし、調味料を入れ、長ネギの捨てる部分をのせて炊く。

3.40~45分炊いたら蓋を開けて、煮汁の詰まり具合を確認し、煮詰まってとろりとしていたらスイッチを切って5分間蒸らす。

4.器に、身が白いアラから盛っていき、鍋底の濃い色に炊けてるのを上にして盛りつけ、牛蒡を手前に盛る。

5.煮汁をかけて白髪ネギを添える。

ひと言
家庭で鯛の頭を切るのは大変なので、魚屋さんでぶつ切りにしてもらうか、柔らかいカマの部分だけを切り分けるかにしてください。 出刃包丁でぶつ切りにする際に、鯛の目には傷をつけないようにしましょう。

このレシピへの質問は上記のガイドお問い合わせまで。

前回紹介したのは「あさりの煮びたし」  レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。