炊飯器で楽々クッキング♪
今日は冷凍のパイシートを使って、簡単で美味しいキッシュを作ります。 パイ皮を伸ばして内釜に張りつけて、フィリングを流してスイッチを入れるだけで、かなり本格的なキッシュが作れます。 ビールや洋酒のおつまみにも合いそうです。柔らかなキャベツを使いましたが、生のブロッコリーや、 さっと茹でたアスパラ、電子レンジで加熱したじゃが芋のスライス、茹でホウレン草、トマトなどでも作れます。

炊飯ジャーで楽々クッキング&注意点

 
新キャベツのキッシュ


材料 五合炊き炊飯器用

・冷凍パイシート ................1枚
・ベーコン ......................3~4枚
・新キャベツ ....................120g
・玉ねぎ ........................1/2コ(70g)
・プロセスチーズ ................40g
・ピザ用チーズ ..................60g
・牛乳 ..........................60cc
・生クリーム ....................100cc
・白ワイン ......................50cc
・塩こしょう(又はクレイジーソルト) ............................少々
・卵 ............................大1コ
・薄力粉 ........................大さじ4


作り方

1.常温で少し柔らかくした冷凍パイシートを、麺棒で伸ばし、丸く成型して、サラダ油を薄くぬった内釜に敷く。

2.玉ねぎを薄くスライス。キャベツを小さめにざく切り。ベーコンを1cmに切る。プロセスチーズを7mm角に切る。

3.玉ねぎ、キャベツ、ベーコンをボールに入れて、軽く塩こしょう(又はクレイジーソルト)して下味をつけ、 小麦粉をふり入れてまぶす。チーズ、卵、牛乳、生クリーム、ワインを加えてよくかき混ぜて、塩こしょうして混ぜ合わす。

(チーズの塩味があるので、塩は控えめに!)

4.パイシートの上に流し入れて普通に炊く。

(オーブン使用の場合は、パイ皿に仕込んで、200℃で25分間焼く。)

5.スイッチが切れたら、 キッシュを滑らせるようにして釜から取り出す。切り分けて熱々を食べる。

     仕上げにパプリカをふりかけたキッシュ→

ひと言
我が家の炊飯器の普通炊きコース(白米なら32分で炊ける)で焼き続け、 スイッチが切れるまで50分間かかりました。写真で分かるように、 パイ皮もパリッと焼けた、大変おいしいキッシュができました。残り時間の表示が出たら、 蓋をあけて中の焼け具合を確認し、 早めにスイッチを切ることも可能です。釜は大変熱いので気をつけてください。

このレシピへの質問は上記のガイドお問い合わせまで。

前回紹介したのは「蕎麦団子」  レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。