ローストチキンはクリスマスだけのものではありません。 家族のちょっとした記念日の食卓に、 ローストチキンがあったなら、一際華やかになるのは間違いないでしょう。 今日は、あの憧れの、 お腹に詰め物をしたローストチキンを、炊飯器で簡単に作ります。詰め物は甘栗おこわ、味付けは中華風。

炊飯ジャークッキング&注意点

 
お釜でスタッフドローストチキン


材料 2~3人分

・鶏むね肉 ..............................1枚
・餅米 ..................................1合
・剥き甘栗 ..............................10粒ほど
・缶詰コーン ............................少々
・生姜スライス ..........................4~5枚
・ニンニクスライス ......................3~4枚
・長ネギの青い部分 ......................1本分

調味料
黒コショウ、白コショウ、砂糖、塩、オイスターソース、蜂蜜、醤油、酒、ごま油、サラダ油 

仕上げタレ
・テンメンジャン ........................小さじ1/2
・砂糖 ..................................小さじ1/4
・白ゴマ ................................少々
・刻みパセリ ............................少々


作り方

1.餅米をといでザルで水切りし、電子レンジ対応のボールにあけ、1合(160cc)の水を入れ30分間浸しておく。

2.鶏肉の厚い部分を包丁で切り開く。 黒コショウと白コショウを少々ずつふり、砂糖小さじ1/2、蜂蜜小さじ1(無ければ砂糖を小さじ1に増量する)、 酒小さじ1、オイスターソース小さじ1、醤油大さじ1強、ごま油小さじ1、サラダ油小さじ1、ニンニク、生姜、斜め切りにした長ネギをまぶしつけ、30分おく。

3.1.)のボールに砂糖小さじ1、塩小さじ1/4をいれて混ぜ、ラップをかけ、電子レンジの強に6~7分間かけ、 一度とりだしてヘラでかき混ぜ、ラップして、もう一度電子レンジで2~3分加熱する。(炊飯器で炊くので多少硬めでも大丈夫)
甘栗とコーンを混ぜる。

4.内釜にサラダ油を塗り、野菜を払った鶏肉を、皮を下にして広げて入れる。肉の上におこわをのせる。酒を大さじ1杯回しかけて炊く。

5.炊き上がったら皿に逆さにあける。

6.テンメンジャンと砂糖を混ぜたものを塗り、白ゴマと刻みパセリをふりかける。

(テンメンジャンを塗らなくてもあっさり美味しく食べられる。)

7.切り分けて食べる。

次のページでは、鶏のもも肉バージョンを紹介します。

昨日紹介したのは「お茶と小豆のパウンドケーキ」  レシピはこちら!