“今日のお鍋は水菜が主役” 本来なら鯨で作るハリハリ鍋を、豚肉で作ります。 水菜を食べるのが目的なので、具はそんなに要りません。水菜はくれぐれも煮過ぎないように、 10~20秒ほど煮たらシャキシャキ食べてください。乾し湯葉の食感も水菜とよく合います。 湯葉の代わりには、油抜きした油揚げがいいでしょう。取り分けて、水菜の即席キムチをのせて食べるのが、うち流です。


水菜のハリハリ鍋


使用した材料 4人分

・水菜...........3ワ
・豚ロース薄切り.............300~400g
・乾湯葉...........適量
・竹輪...........4本
・舞茸...............1パック
・ショウガ...........1片(千切り)

鍋つゆ
昆布と鰹のだし汁...........7カップ
・ミリン...............70cc
・しょう油...........50cc
・塩...........小さじ1


作り方

1.水菜は根元を切りおとし、ざっくり切ってザルにとり、水をためたボールに入れて すすぎ洗いする。

2.乾し湯葉は1~2分ゆでて戻す。

3.土鍋にダシ汁と調味料をいれて、一煮立ちしたら豚肉、湯葉、竹輪、生姜を入れて煮る。次に舞茸を煮る。

4.水菜は食べる分だけ入れてサッと煮る。器に汁ごと取り分けて、七味をふって食べる。

5.ザク切りした水菜に、キムチの素・ナンプラー・唐辛子粉を少量ずつ、混ぜて和えて作った即席キムチ。薬味代わりに使っても美味しい。

その他の簡単鍋物

【味噌おでん】
【キムチ鍋】
【きりたんぽ鍋】
【芋煮鍋】
【豆板醤味噌おでん】
【ダマコ鍋】
【肉団子鍋】
【ミンチちょっぴり白菜鍋】
【即席1人鍋】

・そばガイド井上家流→【魯山人鍋ハリハリ風】

前回紹介したレシピは、「ラフランスゼリー」こちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。