先日の 鱒のホイル蒸し に続いて、やさしいおもてなし料理を紹介いたします。

鶏の胸肉と卵をウーロン茶で茹でて、調味液に漬け込んでおくだけですので、 “朝仕込んで、その日の夜に食べる” “夕方や夕食後に作って翌日に備える” といった風に、 空き時間を利用して用意しておけば、あとは時間がおいしくしてくれます。 (豚肉や鶏のモモ肉でも作れます。)


鶏肉と卵の烏龍茶煮



材料4人分(調理時間:30分)

・鶏ムネ肉........2枚
・卵..........4コ
・ウーロン茶.........4カップほど
・ニンニク.......1片

漬け汁
・醤油...........75cc(大さじ5)
・酒.............50cc(大さじ3強)
・ミリン.........50cc
・酢.............50cc

付け合せ野菜
・千切り大根.........適量
・千切り人参.............適量
・白髪ネギ・レモン・パセリ・レタス.........適量


作り方

1.ウーロン茶と卵とニンニクを鍋に入れて火をつける。

2.煮立ったら鶏肉を入れ20~25分茹でる。

(10分ほど経ったらゆで卵をスプーンの背でコンコン叩いてヒビを入れる、又は、取り出して殻をむき、鍋に戻す)

3.その間に漬け汁をあわせておく。

4.茹で上がった鶏肉と卵をすぐに、熱いまま漬け汁につける。

5.(大きめのザルでもかぶせて)そのまま冷めるまで置いておく。冷めたら冷蔵庫で保存する。

6.レタスをざっくり切って真ん中におき、その上に薄く切った鶏肉と卵を盛り付ける。

7.千切り野菜、白髪ネギを天盛りし、漬け汁をかける。

←このように、千切り人参と長ねぎ、スライスレモンを一緒に漬け込んでしまっても良い。


辛味が欲しいときは、漬け汁に赤唐辛子を1本いれてもいいですし、 練り辛子をつけて食べてもおいしいです。

その他のお茶料理
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。