どんな味かと問われれば、、、例えて言えば、すき焼きの肉を生卵につけて食べるような感じ、でしょうか。卵でとじる普通のカツ丼だと、丼全部が同じ味になってしまいますが、 この変わりカツ丼なら、カツの味、玉子の味が1人立ちしてるので、 食べながら、自分で好きなように味に変化をつけることができます。口飽きしないので、 最後の一口までおいしく食べられる、変わりカツ丼!流行る、、かも。かな?

家でちょっぴりお店の味


ちょっと変わったうちのカツ丼



材料1人前

・ロース........1枚
・長ねぎ(又は玉ねぎ).........薄切りを適量
・卵.........1コ

タレ
・水........大さじ1
・ミリン..........大さじ1
・醤油..........大さじ1
・砂糖........小さじ1/2
・カツオ出汁顆粒..........二本指で一つまみ


作り方

1.タレの調味料を鍋に入れて ひと煮たちさせる。
 (又は電子レンジに1分ほどかける。)

2.肉に塩コショウし、小麦粉、卵液、パン粉をつける。
 (又は、小麦粉をまぶし、マヨネーズを薄く塗り、パン粉をまぶす。)

3.フライパンに油を大さじ1取り、カツを焼く。あいてる場所でネギをサッと炒める。

4.ごはんの上にネギをのせる。その上に切ったカツをのせる。

5.タレをカツの上に回しかける。

6.フライパンの汚れをペーパーで拭き取り、油を少量とり、ほぐした卵を流し入れる。

7.大きくかきまぜる。すぐにカツの上にのせる。

8.お好みで白髪ネギ、海苔、カイワレ等を天盛りする。



ひとこと
最後の炒り玉子は火を通し過ぎないこと。サッと混ぜて超半熟にする。豪華にしたい場合は卵を2コ使う。

次のページはキジ焼き丼です。