棒々鶏と書いてバンバンジー

蒸した鶏肉を棒で叩いて柔らかくしたことから名づけられた料理。 今回紹介するのは、蒸さずに茹で、その茹で汁で中華風スープを作ってしまうという、 一石二鳥のメニュー。



###材料###4人分

ゴマタレ
白ゴマ半カップ、砂糖大さじ3、酢大さじ1~2、醤油大さじ6、ラー油小さじ1、ごま油大さじ1、しょうがのみじん切り大さじ1、 長ネギ15cm分のみじん切り


鶏胸肉(もも肉でも可)3枚、ネギの青い部分、しょうが、酒、塩、レタス、きゅうり、カイワレ

###作り方###

1.鍋に湯を沸騰させ、ネギ、生姜の薄切り3~4枚、鶏肉を加え、20分間ほど弱火で茹でる。途中アクをすくう。

2.茹で上がったら氷水に取り、冷めたら引き上げ、酒少々と塩少々をふっておく。

3.レタスはザク切り、きゅうりは細く切る。

4.白ゴマを油気のないフライパンに入れ、弱火で気長に炒り(ふっくらした感じになる) 、すり鉢にあけ、塩をほんの少し入れて、よく擂る。

5.酢と砂糖を加え、擂り混ぜ、醤油、ラー油、ごま油を混ぜる。

6.刻みネギを加え、軽く混ぜる。



7.皿に野菜を盛り付け、食べやすく切った鶏肉をのせる。



ゴマのソースは、食べる直前に混ぜてかけるとゴマの風味が活きる。 野菜は、トマトや大根等もよく合う。




##関連##

【夏野菜を使った料理】 【カボチャ料理】

次のページでは茹で汁を使って中華スープを作ります。