2年間調理の仕事に従事すると、調理師国家試験の受験資格が得られます。知り合いのお店では、そうやって国家試験を受けて合格して調理師免許を取得した従業員へのお祝いとして、包丁をプレゼントするのが慣わしになっているそうです。2年間辛抱して、初めて自分の包丁を持つ事ができた調理人の感激がいかほどのものか、想像できるというものです。 ただ、ここ数年間、包丁の動きは全くないということでした。


25年ほど前に、調理師学校時代の同級生同士が結婚した時のこと。お祝いに家庭用の包丁が欲しいと言うので、包丁なら(学校から牛刀とぺティナイフを支給された)2人分あるはずなのに。でも、、本人がご所望なんだし、と、デパートに行きました。手ごろなのを見つけて、お祝い用の包装と郵送の手配をお願いしたところ、「結婚のお祝いに包丁を送るなんて、縁起でもない! お断りします。」.....そんなぁ、お断りされても....
(それで、包丁を諦めたか、持ち帰って自分で送ったかどうかは、もはや記憶の外で...)


そして今年
6月に、若い友人が結婚式を挙げました。25年前のリベンジじゃないけれど、お祝いはどうしても、包丁にしたくて、包丁屋さんのホームページを探しました。ありました、ありました。最初に目に飛び込んできた「結婚のお祝いには、輝く未来を切り開く包丁を!」の一文に一目惚れ!さっそく注文しました。数日後...


ネットの刃物屋さんe刃物.com「アカシキコウ」



包丁の刃には名前が刻まれ、メッセージカードが添えられ、鶴の包装紙に寿のシール。すっかりおめかしした包丁は、つつがなく大安吉日に先方に届けられました。 ここまでを全て、ネットの刃物屋さんがやってくれます。私がした事と言えば、商品を選んで、刻印する名前と届け先をメールしただけ!後日、届いた請求書には、贈った品物の画像が同封されておりました。




「たった今届きました~!」の電話によれば、二人一緒に包みを開けて、「“うわぁー!刃渡り30センチだって、これでやられたら死ぬな、オレ” なんて 彼が言うのよ~! 」 新婚さんなのだから、当然なんだけど、なにやらとても幸せそう!でした。

ネットで商品を選ぶのは、品物を手に取って確かめられないのだから、やはり、人対人になります。品物を買うというよりは、売ってる人(お店)を「この人、買った!」と思えるかどうかではないでしょうか。e刃物.com「アカシキコウ」は、ネットショッピング初心者にやさしい、ネットショップでした。

【関連ページ】
包丁を凶器にしないために
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。