甘辛味で大人気、鶏手羽先の唐揚げ

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずから揚げ

 

名古屋名物「手羽先の唐揚げ」

手羽先の唐揚げを甘辛いタレにからめた一品。名古屋名物で、地元の居酒屋チェーン店の創業者によって考案されたと言われています。今や地元有名店が各地に出店し、全国区の食べ物になりました。鶏の羽先の部分である手羽先を使って作りますが、手羽先はコラーゲンが豊富な部位。からっと揚げた手羽先を熱々のうちにタレにからめます。大人にも子供にも人気のメニューです。

鶏手羽先の唐揚げの材料(2~3人分

鶏手羽先の唐揚げの材料
鶏手羽先 16本
白ごま お好みの量
白胡椒 お好みの量
適量 (揚げ油)
つけダレの材料
醤油 1/2カップ
みりん 1/2カップ
三温糖 大さじ3~4
ニンニク 1かけ (すりおろしたもの)

鶏手羽先の唐揚げの作り方・手順

鶏手羽先の唐揚げの作り方

1:手羽先を二度揚げする

手羽先を二度揚げする
手羽先はたっぷりの揚げ油で二度揚げします。一度目は低温(160〜170度)で7〜8分ほどじっくり揚げ、一度金網に揚げて油を切ったら次に高温(180〜190度)で3〜4分、きつね色になるまで揚げます。

2:漬つけダレを作る

漬つけダレを作る
低温で揚げている間に漬けダレを作ります。漬けダレの材料を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら火を弱め、3分ほど煮てから火を止めます。

3:手羽先をタレにつける

手羽先をタレにつける
二度揚げした手羽先を、熱々のうちにたっぷりの漬けダレにつけます。

4:白ゴマとこしょうをふる

白ゴマとこしょうをふる
タレにつけたらワックスペーパーや金網などに置き、炒った白ごまをふりかけます。お好みで白こしょうなどを振ってください。

ガイドのワンポイントアドバイス

二度揚げすることで、中までしっかり火が通り、皮もパリッと揚がります。熱々のうちにタレにからめると、よくタレがからまって手羽先に味がしみます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。