シンプルなフォトカードもいいよね

カード
お手製オリジナルカードのできあがり
お気に入りの庭写真などをラミネート加工して、思い出とともに閉じ込めてみました。
今回はフォト用の専用紙ではなく普通紙に印刷しましたが、このようにラミネート加工すると日の当たる場所やちょっと水がかかってしまうような場所でも飾れるので、ディスプレイの幅も広がりますよね。
また、メッセージもプリントして、ちょっとしたグリーティングカードにも良いでしょう。世界でたった一つの素敵なカードが作れますよ!(なお普通紙だと裏が透けてしまうので、グリーティングカードにするときはちょっと厚めの紙を使った方が良いです。)

サインボード風のアクセサリーはどう?

サインボード
画像をアンティークっぽく加工して……
お次は、庭を飾るサインボード風のものを作ってみました。元になる画像は、庭に咲いたバラをデジカメで撮影したものです。これならいくらでもオリジナルが作れますからね。

それでは、作り方です。(ここでは画像編集ソフト Photoshop Elementsを使いましたが、お手持ちの使い慣れたソフトでお試しください。)
まずは、できあがりの大きさと印刷する用紙のサイズを想定して、画像サイズを設定をします。
加工したい画像を選び、アンティーク風になるようにエフェクトをかけていきます。画像エフェクトはいろいろ試してみて、お好みで。ちなみに「塗料」フィルタをかけると写真が手描きっぽくなったりしますよ。
フレームはカスタムシェイプにあるものを使い、周囲に文字を入れました。(今回使用したフォントは、あくび印さんの「BlueHeaven」です)
できあがった画像をプリントし、ラミネート加工します。

額入りサイン
額に入れたサインボード
こちらは同じくPhotoshop Elementsで加工した画像をプリントアウトし、ラミネート加工したものを額に入れてみました。木製の額だと雨で傷んでしまうので、これは屋内向きですね。
なお、画像加工について詳しくは『CG・画像加工サイト』をご参照ください。

さて、いかがでしたでしょう?
突然の雨で予定していたことができなくなっちゃった……そんな梅雨時にはありがちなポッカリ空いた空白時間、ラミネーターやパソコンを利用してあれこれ作ってみるのも楽しいですよ!

* 関連リンク *
あくび印
CG・画像加工サイト

* 関連ガイド記事 *
【庭を飾る、簡単手作りアクセサリー】
【DIYでドアプレートを作ろう!】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。