美しい配線処理

新築やリフォームのように当初から配線を計画できる場合には、床仕上げの下や壁の中などに予め配線を隠すことができます。さらに壁面収納のなかにテレビやビデオデッキ、スピーカーなどを収める際にも、配線用の経路を仕込んでおけば、配線が隠れるので仕上がりが綺麗です。
複数のスピーカーを設置してサラウンドを楽しみたいという場合も同様に、床や壁の中に配線を通しておきます。

スパイラルチューブ、結束バンドともに電気店か100円ショップで手に入ります。
一方、露出してしまった配線を自分で処理する方法としては、市販の配線カバーを床や壁に取りつけて隠すのが簡単です。それでも、テレビ廻りで電源コードや映像・オーディオケーブルが混雑してしまう場合は、次のような方法で解決します。

1.コードを2,3本まとめて半透明のスパイラルチューブで巻き付ける。
2.長くて余ってしまうケーブルは丸めて結束バンドで留めておく。
3.長すぎるケーブルは短い物を買って付け替える。

こうしてコード類を機器の裏に隠れるようにまとめておくと、埃も溜まらず美観のアップにも役立ちます。

ここまで気を使ったら、最後に快適な収納を心掛けましょう。