では、頭の体操1,2,3!これでゴミの処分はOK!

あれやこれや大忙しの引越しですが、今日はちょっとブレイク!ゴミを処分する際、トラブルに見舞われないよう頭の体操をしてみませんか。下にあげた不要品の数々あなたならどうやって処分しますか?

■不要品リスト
引越し、不要品、処分
よーく考えよう!それでだいじょうぶかな?
  • テレビ(ブラウン管)
  • ビデオデッキ
  • シングルベッド
  • マット
  • ソファ
  • テーブル
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • 食器洗い乾燥機
  • 書籍
  • CD
  • ノート型パソコン
  • 自転車
  • 灯油
  • カーペット
  • 生ゴミ

リサイクルショップに出そう!

まずリサイクルショップで売れそうなものを考えてみましょう。これで書籍CDが片付きそうですね。見積額をスピディーに提示してくれるところが多いので助かります。

自治体に粗大ゴミの処分を申し込もう!

引越し、粗大ゴミ、申し込み
粗大ゴミの申し込みは早い目に!
次は粗大ゴミの処分です。30cm角以上のものは粗大ゴミになります。引越し時期や年末年始は混雑するようですので、早い目に居住先の地方自治体に申しこみましょう。

それでは、この中から粗大ゴミとして処分できるものは、ビデオデッキ(200円)、シングルベッド(800円)、マット(800円)、2人がけ用ソファ(1400円)、テーブル(500円)、衣類乾燥機(800円)、食器洗い乾燥機(800円)、自転車(500円)、カーペット(500円)。これだけで合計6300円となります。※東京都を参考にしています。ゴミの出し方は居住地によって異なりますので、詳しくは当該地方自治体にお問い合わせください。

次のページえっ!自治体で処分できないものって何?>>