夏の定番。七夕ご飯。素麺+野菜レシピ』としてご紹介する、素麺レシピです。元気の出る食材を合わせた『ネバネバ&スッパ! パワーアップそうめん』も、併せてご覧ください。

暑いと辛いものが食べたくなります。暑いときこそ、あえて身体の芯から熱くなって、全身から汗がふきだすのが気持ちがいいんですよね。

そこでピリッと辛いキムチを使い、冷麺にみたてた韓国風の素麺を作ってみましょう。キムチには乳酸菌や食物繊維を多く含み、腸内環境を整える効果があるんだそうです(詳しくは、All About[家庭の医学] サプリメントを飲むよりキムチ! をご覧ください)。また、あの辛さや香りは暑いときでも食を進ませてくれますよね。

暑さで頭がしゃきっとしないとき、ちょっと元気を出したいときに、おすすめです。



暑いときには辛いもの! 韓国冷麺風ピリ辛そうめん

韓国冷麺風ピリ辛そうめん
韓国冷麺には、ユッスという牛肉や鶏肉でとっただしを使いますが、市販のビーフブイヨンで代用し、あの甘酸っぱいスープに近づけてみました。

材料(1人分)

素麺 100g
キムチ 適量
キュウリ 薄切り3枚
わかめ 少々
鶏胸肉 50g
ゆで卵 1個
酒 少々

(たれ)
水 1.5カップ
ビーフブイヨン(顆粒など) 1.5カップ分(ビーフコンソメでも可)
しょう油 大さじ2
酢 大さじ3
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1/2
ごま油 少々


作り方

たれを作る
1. たれを作ります。冷たくして食べるので、早めに作って冷やしておくのをおすすめします。水を沸かし、ブイヨンを溶かして、だしを作ります。煮立ったら、火を止め、しょう油・酢・砂糖・塩・ごま油を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やしておきます。使用したブイヨンにも塩分がありますので、塩を加える前に一度味見をして、分量を調整をしてください。

鶏胸肉を蒸す
2. キュウリを薄切りにし、レタスを食べやすい大きさに手でちぎります。わかめを水に戻しておきます。


鶏胸肉を蒸す
3. 鶏胸肉を耐熱容器に入れ、酒を振り、ラップをして、電子レンジで1分加熱し、ひっくり返して、さらに1分加熱します。冷めたら、手で細かくほぐしておきます。


素麺を茹でる
4. 沸騰したお湯で素麺を茹でます。

盛り付ける
5. 茹であがった素麺の上に、キムチ、きゅうり、レタス、わかめ、鶏胸肉、ゆで卵を盛り付け、たれをかけたら、できあがり。氷を添えると、より涼やかに。





冷麺の辛酸っぱい味は、一度食べるとやみつきになります。食欲の落ちやすい、これからの季節にぴったり。冷麺のコシをイメージして、素麺はやや早めに上げることをおすすめします。

今後の記事の更新情報については、ガイドメールマガジンでもお伝えします。ご購読を希望される方はこちらからご登録ください。

== 関連サイト ==
All About[一人暮らしの楽しみ方]ひとりご飯の簡単レシピ集
自炊をした方がお財布にも健康にも優しいけれど、ちょっぴり面倒。そんなときにすぐに使える、一人暮らし向けのレシピを掲載したガイド記事を集めました。
All About[DORON]酒の肴に冷麺を
暑いこの季節、酒の肴の最高の相棒が冷やし麺。ツルっと食べられるから箸も進む上に、バラエティも豊富。そうめん、ラーメン、うどん、カッペリーニ……、麺の素材別に酒との相性を考えたレシピ集を伝授します。
All About[ホームメイドクッキング]体にやさしい ヘルシー豆乳冷麺
豆乳を使ったとろみのあるスープは麺との相性がぴったり。夏の食欲減退を撃退するヘルシーな冷麺です。
<All About[ホームメイドクッキング]疲労回復!夏をのりきる! ピリ辛スタミナ麺
まろやかな豆乳とピリッと辛いコチュジャン、そして豚肉のコクが混ざった旨味スープのスタミナ冷麺は猛暑の夏におすすめです。
All About[エスニック]韓国の冷麺、あなたはどちらが好み?
猛暑でほてった体をそっと癒してくれる韓国の冷麺。キレのある透明スープが味の決め手の水冷麺、汁なしの甘辛ダレがクセになるピビム冷麺、おいしさの秘密とは?




『一人暮らしの楽しみ方』のガイド記事で取り上げてほしいテーマを募集しています! 疑問・質問、興味関心のあることなど、どしどしこちらにお寄せください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。