料理の幅を広げたい人におすすめの5つの道具

一人暮らしなら、最初に揃えるのは最低限の調理器具でいいと思います。でも、毎日自炊を続けて、料理が楽しくなってくると、もっと美味しく作れる道具やラクができる道具、時間を短縮できる道具などがほしくなってきます。

そこで、ガイドが実際に一人暮らし生活で使っていて便利だった、あってよかった調理器具を5つをご紹介します。料理の幅がぐーんと広がりますよ。

● 圧力鍋

Silit Silargan 圧力鍋シコマチック-T 2.5L パッションイエロー
Silit Silargan 圧力鍋シコマチック-T 2.5L \34,650(税込)

こちらの圧力鍋は、キッチンガイドさんもイチオシです。All About[キッチン]ひとり暮らしにピッタリ!小型圧力鍋 も参考にどうぞ。
私の場合、一人暮らし初期から持っていた圧力鍋。例えば、豚の角煮。鍋でコトコト何時間も煮込んだら美味しいのはわかっています。でも、その時間が作れないなら、圧力鍋。あっという間にトロトロ柔らかの角煮ができてしまいます。好みはありますが、圧力鍋で炊いたご飯が一番美味しいという人も。

「爆発する」など事故の話を耳にして怖がる人もいますが、最近の圧力鍋は安全に設計されており、間違った使い方をしなければ大丈夫です。一人暮らしなら、3リットル程度のものだとちょうどいい大きさだと思います。普通の鍋より重さがあり、使い勝手も違いますので、店頭で一度手にとってから買うと安心です。

● ハンドミキサー

SELECT100/Multi Blender
SELECT100/Multi Blender \12,600(税込)

「切り混ぜる」「つぶし混ぜる」「かき混ぜる」「混ぜ合わせる」「泡立てる」「刻む・粉砕する」と6種類のアタッチメントがついた優れもの。これひとつで料理上手な気分が味わえるかも!
これも一人暮らし初期から愛用していたもの。生クリームや卵白を泡立てるなど、お菓子作りにはハンドミキサーは欠かせません。もちろん泡だて器を使って頑張ってもいいんですが、情けないほど非力な私にとって、それはあまりに重労働。ハンドミキサーを手に入れてからは本当にラクになりました。

ハンドミキサーの機能のみ備えたものなら手軽な値段で買えますが、次でご紹介するフードプロセッサーなどの複数の機能を備えたバーミックス(詳しくは、All About[シンプルライフ] 便利! 一台5役のバーミックス をご覧ください)もおすすめ。やや値段が高いですが、便利な上にコンパクトでオシャレなスタイルが一人暮らしにも使いやすいです。

● フードプロセッサー

Cuisinart リトルプロプラス フードプロセッサー
Cuisinart リトルプロプラス フードプロセッサー \21,000(税込)

男の料理ガイドさんも、ガイド記事(All About[男の料理]機能美あふれるクイジナート社製)でおすすめするフードプロセッサー。ちなみに、私も愛用しています。
レシピ本にしばしば見かける「フードプロセッサーで~」という記述に、「そんなもの持ってないよー」と憤っていた私。一人暮らしにそこまで必要なものでもないだろうと買わずにいたのですが、一度友人の家で使わせてもらったらべた惚れ。いてもたってもいられず、すぐに買ってしまいました。

私が一番フードプロセッサーを活用しているのが玉ねぎのみじん切り。少量なら包丁で切ってもいいですが、大量に使いたいとき、一瞬でできてしまうのが本当に嬉しいです。それから塊肉からミンチを作った上で、よーく練り上げたハンバーグは絶品です。


次のページでも引き続き、おすすめ調理器具をご紹介します。片づけが面倒だったり、包丁捌きが苦手だったりするズボラさんにも!>>次のページへ