厚着
部屋の中でも、こんな厚着をしていたという一人暮らしの彼女。それでも本当に冷える夜は、これだけじゃ足りないですよね。そこで彼女が思いついたのは…?
それはとても寒い冬のこと。一人暮らしをしている友達がなんともビックリすることを言い出したのです。「私、暖房使ってないの」

実は、その彼女、諸事情で一円でも無駄にできないという抜き差しならない懐具合となり、電気代節約のため、エアコンを使わずにその冬を越そうとしていたのでした。「でも、寒いでしょう。風邪引いちゃわない?」と私が聞くと、「セーターの上にフリースを着込んで、マフラーを巻いて(笑)。それから、足湯」と彼女は自信たっぷりに教えてくれたのでした。

暖房要らず!?…はさすがに大げさかもしれませんが、身体の芯から温まることができ、健康にもいい足湯。その効能や一人暮らしの部屋で簡単に楽しめる方法をお届けします。

=INDEX=
■ 足湯で芯からポカポカ、夜もぐっすり
■ お部屋で足湯を始めてみよう
■ 香りとドリンクで、もっとリラックス
■ ガイドが体験。寒い夜のぬくぬく足湯


足湯で芯からポカポカ、夜もぐっすり

足
足を暖めると、身体全体まで暖かくなってきます。冷え性の人には特におすすめ。
昔から頭寒足熱という言葉があるように、頭は冷やして、足が暖かい状態が健康にもいいとされてきました。足が冷えると、代謝が落ち、疲れやすくなったり、眠りの質が低下したりと、体調に不調をきたしやすくなります。反対に、足をしっかりと暖めておくと、全身の血行が良くなり、足だけでなく全身まで暖かくなってきます。

そこで、足湯。温泉場に足湯のスペースがよく設けられていますが、そんなところまで行かなくても、自分の部屋でごく普通のお湯でも十分に効果はあります。足を暖めているだけなのに、額にまでじんわりと汗がにじんでくることもあるんですよ。

冷え性で足が冷たすぎて、なかなか寝つけないという人にも効果的。むくみや肩こり、ヒールの高い靴を履いて、足がだるいなんてときにもおすすめ。それから、今の時期のことではありませんが、夏バテや冷房病などにも、実は足を暖めると体調がよくなることがあります。


次のページでは、足湯に必要なモノとやり方をご紹介します。あえて揃えなくても、家にあるもので気楽に始めましょ。>>次のページへ