ストレス
仕事に学校、一人暮らし…。新しい生活にも慣れたかと思う今頃がちょうど疲れやストレスの出やすい時期です。上手に解消していきましょう。
進学や就職、転職、そして初めての一人暮らしから、そろそろ1ヶ月。新生活にはもう慣れましたか。毎日は楽しいですか。五月病という言葉があるように、このくらいの時期から、初めての経験に気が張っていて気づかなかった疲れやストレスで、心や身体が思うように動かなくなることがあります。

もうすぐゴールデンウィークがやってきます。「頑張らなくちゃ」と思うことは素敵なことだけれども、ここでいったん肩の力を抜いて。「ちょっと調子が悪いな」と思っているなら、無理をせず、ここで思いっきりリフレッシュしてみてはいかがでしょう。あえて徹底的にだらけたストレス解消法をご提案します。

=INDEX=
■ あなたは五月病、大丈夫?
■ ダメな自分を受け入れてみよう
■ 愛すべきウダウダ時間の過ごし方


あなたは五月病、大丈夫?

五月病
理想や憧れが強ければ強いほど、五月病にはなりやすいみたい。現実はなかなか上手く進まないことが多くても、あまり気に病まずに、ここらで力を抜きましょう。
そもそも『五月病』って、どんな状態をいうのでしょうか。

All About[ストレス] 五月病が「アパシー」になる前に に詳しく書かれていますが、4月から始まった新しい生活に慣れるため、一生懸命頑張ってきたものの、それが自分の思い描いていたものと違っていたり、その環境に不満がつのっていたり。1ヶ月もすると少し余裕ができて、そんなことにも気が回るようになり、慣れてラクになるどころか、ストレスや疲れを強く感じるようになります。

特に、就職や進学、転職と、初めての一人暮らしとを一緒にスタートさせた人は、いくつもの新しいことを同時に進めることの大変さを改めて感じている頃ではないでしょうか。

急にやる気が出なくなってしまったり、だるかったり、イライラしたりといった変化を感じているならば、早めにストレスを解消することが大事です。ここまでずっと忙しくて、気づいていても気づかないふりをしてきたかもしれませんが、この連休を使って少し時間をゆっくりと取り、自分の身体や心の声に耳を傾けてみませんか。

ダメな自分を受け入れてみよう

受け入れる
頑張りすぎるのは、ここらへんで一休み。力を抜いて、やりたいと思っていたこと、やっちゃいませんか。
「もう1ヶ月も経っているのに…」そんなふうに思っているかもしれませんが、まだ、たったの1ヶ月です。最初から何でも上手くできるはずなんてありません。

「毎日ちゃんと料理をして、部屋も散らかさず、インテリアにもこだわって、たまには友達を呼んでホームパーティをして…」と一人暮らしに憧れを抱いていて、でも、それが思い描いていたものと違ってガッカリしているのならば、それこそ、まだまだ焦る必要なんてありません。仕事や勉強と違って、一人暮らしに誰かから結果を求められることはありません。一人暮らしには正解もありません。

もしも仕事から疲れて、寝に帰ってきているだけになってしまったとしても、いいじゃないですか。片付ける暇がなく、部屋が散らかり放題だったとしても、一人暮らしなんだもの、誰に怒られるわけでも、迷惑をかけるわけでもありません。だから、もっと気楽に考えて、ダメな自分も受け入れてみましょう。

ちょうどゴールデンウィークがやってきます。ここで一人暮らしの醍醐味、思う存分自由気ままに時間を使ってみませんか。五月病のストレス解消には食事やアルコールに逃げてはダメなんて言うけれど、私はそれも「いいじゃない!」と思います。だって、一人暮らしなんだもの。そこに罪悪感を抱くから、もっとストレスが溜まってしまう。

いつもそうなってしまうのは決しておすすめしないけれど、たまにダメな自分を満喫するのは、親に隠れてちょっと悪いことをしている子供みたい(笑)で、意外と楽しいもの。これぞ一人暮らしのストレス解消法ではないでしょうか。


次のページでは、ゴールデンウィークにおすすめのウダウダ過ごして、すっきりストレスを解消できる過ごし方を紹介します。>>次のページへ